熱湯翼

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

熱湯翼(ねっとうよく)とは日本政治思想、もしくは過激政治団体の一つ。熱湯翼と言う名称は、敵対陣営である沐翼無翼に対抗するために、熱湯翼初期の代表的論客であり沐翼から転向した人物として知られるイ・ツ・フロハ・イッダ(1919~1973)がつけたものであるとされる。 固有の政党こそ持たないものの日本において強い影響力を持っており、一説によれば政治家官僚自衛官など国政を左右する要人達の中にもシンパがいるという。近年はバス派と呼ばれる出先機関を用いての海外進出にも熱心である。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「熱湯翼」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

熱湯翼の誕生[編集]

思想としての熱湯翼は古くから日本に存在していたが、それはあくまで入浴時における習慣の対立カテゴライゼーションとしてのものであった。社会学においてはこの時期の熱湯翼を古い熱湯翼と呼称する。この時期の熱湯翼勢力は未だ成長途中であり、その性格も対話志向の平和的なものであった。
だが戦後、沐翼急進派であるシャワー族の台頭により刺激された組織の一部が過激化、熱湯翼は大きな転機を迎えることになる。思想的対立により沐翼から離脱したイ・ツ・フロハ・イッダは沐翼が盛んに用いた書物を通じたプロパカンダの手法を熱湯翼に持ち込み、国民保養温泉地ガイド(1950年)、温泉必携(1952年)、熱湯浴のすゝめ(1966年)など、熱湯翼の聖典となる数々の名書を執筆した。
後にそれらの書物に触れた熱湯翼の一部が、人類の至宝にして文明の結晶たる熱湯浴文化が、沐翼や無翼の汚らわしい陰謀により社会の隅へと押し込まれている、具体的には支持者である我々が押し込まれている、という思想を持つこととなり、沐翼や無翼支持者に対する抹殺を敢行する聖闘士へと生まれ変わることになるのだが、社会学ではこれを新しい熱湯翼と呼称する。

熱湯翼の特徴[編集]

雑誌は基本的に熱湯浴と熱湯翼の神殿である温泉に対する正しい価値観を伝播し続ける温泉博士以外は読まず、ウェブサイトおよび各種BBSを通じて、熱湯浴を笑いものにし宿敵たる沐翼や半身翼を喧伝するマスコミの卑劣な本性を暴き続けている。一部熱心な支持者においては霧懸かった蒸し暑い夏の日に窓から見下ろし微笑む支持活動さえ並行して行っており、その熱意は特筆するべきものがある。
月刊温泉1999年1月号において政治団体熱湯翼首脳陣はマスメディアによるお笑い番組等を通じた熱湯浴へのネガティブキャンペーンには決して屈しないと表明しており、既存マスコミの撲滅、反熱湯翼的主張に対する検閲復活などを積極的に推し進める方針であると思われる。

熱湯翼の行跡[編集]

熱湯翼支持者たちは血行が良くなる、が良く取れる等の熱湯浴の素晴らしさだけではなく、沐翼の洗浄としての不完全さや無翼のとりあえずの汚さ等についても熟知している。それを暴露されることを恐れた沐翼等の反熱湯翼陣営は熱湯翼の弾圧、搾取を目的とした水道・ガス代の吊上げを行い、入浴の際に使用した水をくみ上げ洗濯に使わせる等の屈辱的行動を熱湯翼に強いた。
そんな最中の2005年4月、古い入浴文化を保全する会という小規模組織を結成した一部の熱湯翼がスキンアーミー(Skinarmy)区役所前にてコインシャワーをコイン風呂へ改善すべきという主張を繰り広げつつ電撃戦を展開、防衛に当たった区役員を包囲殲滅し区役所内を湯びたしにするという歴史的大勝利を得、熱湯翼勢力は今再びの黄金期を迎えることとなった。
今日においてもここアンサイクロペディアウィキペディアにて熱湯浴の素晴らしさを広く伝え、沐翼や無翼の愚かしさを暴露する熱湯翼の戦闘的闘争が活発に行われている。シャワー族や半身翼等に汚されたこんなとこ見てるくせにリア充気取りの管理者達や利用者がこれを妨害することもあるが、熱湯翼はこれに屈せずその威容を誇り続けている。

今日の熱湯翼[編集]

今日の熱湯翼は、熱湯翼という枠組みの中でそれらをすべて語れるか否かという議論が起こるほどの多様化を見せている。前記の水道代吊上げ等の陰謀により皮肉にも無翼派高僧(ハイ・プリィスト)のごとき威臭を纏う者、60℃の熱湯風呂で自らの思想的純血を試した上、それを老人に対して伝播するという阿修羅の道を進む者[1]等、もはやその全容を把握することは困難となりつつある。

熱湯翼の理想[編集]

熱湯翼はサウナやシャワー等が現れる前のような強力な大熱湯風呂文化圏を理想とする。熱湯翼の言う大熱湯風呂文化圏とは、各家庭に42℃以上の湯温を持った天然温泉が引かれ、シャワー器具類が全廃された上、最終的には一つの巨大天然温泉の元に世界が統一されることである。(これについては劇場版新世紀エヴァンゲリオンが詳しい)実現の暁にはもちろん、半身翼等下劣な文化を持ち込んだマスコミや偉大な熱湯風呂を馬鹿にしたお笑い芸人等は水風呂に追放され、さらには霧懸かった蒸し暑い夏の日に窓から見下ろし微笑む活動が全面的に合法化される等の社会改造も行われるものとする。

関連項目[編集]


歴史の渦に巻き込まれる! この項目「熱湯翼」は、歴史に関連した書きかけ項目から歴史に残る記事進化しなければならない。
歴史は今作られている!君の名をこの記事(の履歴)に刻むのだ。 (Portal:スタブ)