熱湯コマーシャル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「熱湯風呂」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スーパージョッキー」の項目を執筆しています。

熱湯コマーシャル(ねっとう - )とは、抽選から入湯まで全てスタジオ生中継で行うエクストリームスポーツの一種である。

概要[編集]

1989年に東京都で編み出されたこの競技、一見ただの風呂入りに見えるが、想像を絶する過酷さがある。競技自体は毎週行われていたが、1999年に突如打ち切りとなったが、近年、競技がにわかに行われようとしている。

プライバシー保護の片っ端のないところで着替え、何より摂氏50度前後の熱湯に入るため肉体的にも精神的にも辛い。

ルール[編集]

  • 20人から30人を召集する。
  • 召集された人からルーレットで競技実行者を決める。
  • ルーレットで当てられた人は水着を選び、その場で着替える。なお、着替え時間が極端に短いため、やばいところを見られることもしばしば。
  • 着替えた競技者は回転テーブルに立ってポーズを決める。
  • そして熱湯に入る。出たらすぐさま氷を身につける。
  • そのあと熱湯に入った時間で宣伝をし終了。

得点[編集]

べらぼうめぃ、こんなん日向水でぃ。+800点。

この競技の醍醐味は入湯だが、どのくらい長く熱湯に浸かれるかだけでなく、芸術点でも重要である。

競技者決定時[編集]

  • 競技者唖然 +10点
  • みんなドン引き -50点

着替え時[編集]

  • 失敗 -30点

ショータイム[編集]

司会者の気分によって加減。つまらない司会者(東国原英夫)のときは入湯者中心のカメラワークになるが、お風呂の好きな女性(蓮舫)が司会をするときもある。今の事業仕分けの源流。

入湯[編集]

  • 入湯時間 +1秒につき10点
  • 周囲に湯をかける +30点

その他[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

議論[編集]

この競技は健全性が問題視されており、PTAプロ市民からしばしば批判を受けている。また、これは性的表現が含まれる可能性もあるため、東京都議会では「熱湯コマーシャルに関する条例」でR-18指定も検討している。

また、近年の試合内容では熱湯ではなく水やぬるま湯を使って演出しているのではという疑惑もある。しかし、タレントも質が落ちており守秘義務を簡単に犯すようながはびこる現状を考えると、極めて非現実的な憶測であるといわざるを得ない。

関連項目[編集]