熱暴走

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「もっと、熱くなれよぉぉぉぉぉぉぉぉ」
熱暴走 について、松岡修造

熱暴走(ねつぼうそう)とは、自作パソコンを作ろうと努力した初心者や5年以上前の古い省スペースパソコンを使っている人々が悩まされる、唯一無機物がかかる恐怖の疾病である。

最近では、intelからCore i7なるCPUが発売され、初心者が「これ使えば、めっちゃハイスペックじゃんwww」という考えでエアフローを考えずに手を出すことで熱暴走が発症するだけでなく、ブレーカーが落ちたり、筐体に肉を置きおいしく上手に焼けました!!というエクストリームスポーツをしたりする人々が増えている。

なお、まれに人間も発症するので心配する必要がある。

主な原因[編集]

  • CPUクーラーを取り付けずにパソコンを起動することで70度という高熱を引き起こすことで発症。
  • 筐体の中がHDDを入れるためにケーブルが混雑していてがこもり70度もの高熱を引き起こすことで発症。
  • 暑い日に松岡修造を家に呼ぶことで気温が上がり熱がこもることで発症。
  • ブラジル美女がお尻をフリフリしている1GBの動画を2つ同時に再生した上、動画のタイミングが合わなかった場合に備えて一枚5MBぐらいのお気に入り高画質画像を5〜6枚開き、バックグラウンドでは新しい動画がすごい勢いで落とされつつある状態で、さてナニに励もうかと左手をキーボードから離すと発症。(phenomⅡX6 8GBの環境では起きにくい)

熱暴走したときの症状[編集]

対処法[編集]

対処法としては次のようなものが考えられる。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「熱暴走」の項目を執筆しています。