熊谷市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「熊谷市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「熊谷市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「熊谷市」の項目を執筆しています。
熊谷の熱帯気候が生み出したジャングル。利根川や荒川の河川敷に残存する季重な存在である。

熊谷市(くまがやし)は、彩の国さいたまの北部に位置する都市である。夏季の気温が周辺都市と比べて異常に高いことで世界的に有名である。人口は約20万人。

概要[編集]

荒川から見た熊谷市街地の様子。

彩の国さいたまの首都であるさいたま市から北西に40kmほどの位置にある熊谷市は、前述したように世界的にも高い気温で知られている都市である。夏の気温は平均して40℃前後を維持しており、最高気温が50℃になることは熊谷ではよくあることである。→参考:熊谷の気候

2007年8月16日には、それまで熊谷市が保有していた世界最高記録を1.0℃も上回る60.9℃を記録し、ついに60℃の壁を突破した。(なお、糞マジメが売りの百科事典によると気温の世界最高記録は1921年イラクで観測されたとあるが、もちろんガセである。この地球に熊谷以上に暑い都市があるだろうか。いや、あるはずがない。

ただでさえ新陳代謝の良くなる環境であるにもかかわらず、長野、北関東で行き詰った雲による豪雨による非常に高い湿度を利用して、夏場は窓を閉め切って天然のサウナとしているため地元民は非常に健康的である。

このように人間がとても住めるような気候ではないと思われがちだが、実際には20万人以上の人間が現在でも熊谷市で生活をしている。熊谷市の全ての住宅や建物には必ず冷房が整備されており、市内を通る秩父鉄道の車両は開業当初からすでに冷房化がされている(現在は採算があまりあわず一部の車両の中間車を非冷房としている)。屋内にいる限りでは酷暑を体感することはなく、むしろ快適な生活を送っているのが現状ともいえる。また、熱帯気候にありながらマラリアや黄熱病が流行した事も無く、従って市外から熊谷入りする場合にも予防接種は不要となっている。

冬季も周辺都市と比べ、極寒の地になる事で知られている。夏は人口の大半が焼き焦げてる人になり、冬は低体温で焦げている人が多くなる。

また、荒川利根川の水に恵まれ豊かな自然と肥沃な大地とを有しており、河岸には日本列島ではほとんど見ることのできない熱帯雨林が見られる。この熱帯雨林には絶滅危惧種に指定されたムサシトミヨなど稀少な生物が生息していることから、熊谷市は世界遺産リストに登録するよう要望している。

赤城颪や春一番の季節には台風と同等以上の暴風が吹き荒れており、どの方向を向いても常に向い風で歩行者や2輪車を苦しめるだけでなく、自動車も近未来よろしくエアカーで空を飛んでいる姿も確認されている。

歴史[編集]

平安時代のころは現在の熊谷市のほぼ全域がジャングルとなっており、現在よりも多くの生物が生息していたと思われる。

熊谷の開発が始まったのは、源頼朝が関東に政権を構えた鎌倉時代に入った頃である。源平合戦で活躍した熊谷直実は、自らの故郷に程近い地を苗字からとった「熊谷」と名づけ、以後その末裔が江戸時代に至るまでジャングルを大規模に開拓していった。

中山道が整備されるようになった江戸時代には、現在の熊谷駅周辺はすでに市街地となっており、宿場として熊谷宿も設置された。明治時代に入ってからは一時的にではあったものの、県庁所在地にもなったため、地域の拠点都市として大きく発展していった。

1945年8月14日未明には、真夏のあまりの暑さのため建築物が自然発火し、市街地の60%、ジャングルの90%を焼き尽くす大火があった。これにより熊谷は壊滅的な被害を受けたものの、闇市が大発展した影響もあったのか奇跡的な復活を遂げた。現在も熊谷は大きな発展を続けており、最近では「あついぞ!熊谷」のフレーズで彩の国をにぎわせている。なお偶然であるが、この1945年8月14日は隣国日本が太平洋戦争に敗れた日の前日にあたる。

主な名所[編集]

八木橋百貨店[編集]

川越市のまるひろ、春日部市のロビンソンと並ぶ埼玉三大百貨店であり、熊谷市民の心のよりどころでもある。熊谷に外来種であるダイエー帝国が進出したとき、人々は八木橋百貨店に篭城し、八木橋百貨店に隣接する丸善百貨店は自らを犠牲に屋上観覧車を超電磁観覧車として発射。見事撃退に成功した。この戦いにより丸善百貨店は息絶えたが、その武功を讃え現在も超電磁観覧車の土台を残している。なお、丸善百貨店亡き後は仏壇屋となっている。 熊谷花火大会の主役。

トリビア[編集]

  • アスキーアートで有名であるさいたまの太陽は、照りつける熊谷の太陽をイメージしたとされる。
  • 埼玉三大銘菓の一つとされる和菓子五家宝は熊谷が発祥である。暑さ対策として江戸時代に発明されたものと思われる。その割には非常に水分を持ってかれる食べ物で、熊谷寺の僧が自らを限界まで追詰める苦行の為に用いたという説も存在する。

関連項目[編集]


この項目「熊谷市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)