煎餅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
一般的な煎餅

煎餅(せんべい)とは、本来はとても美味しい和菓子である。しかし20世紀ごろからは日本では食品兵器として恐れられていることで知られる。

概要[編集]

日本における一般的な煎餅とは、うるち米やもち米を用いて作られた、薄く固い焼き菓子を指す。味付けとして、高血圧症に悩む中高年に大人気の醤油が使用されたものが多い。しかしやはり血圧の上昇を気にする高齢者もおり、コクのある醤油味よりもむしろ、塩味のものの方が選びやすいようである。煎餅はかつてミカンとともに、こたつの軟禁作用を助けるものとして知られていたが、現代に入り日本人のや顎が脆くなったため、咀嚼力の低下・歯が折れてしまうなどの要因が重なり、次第にじゃがりこなどの食べ応えの無いスナック菓子にその座を奪われていった。

兵器になった煎餅[編集]

このまま過去のお菓子となりかけた煎餅だったが、食べられないことで現代人へ絶望感を与えることや無理矢理食べようとした人の歯が折れるという事態が発生したため、これは兵器に使えると考えた日本政府は兵器利用に乗り出した。そして煎餅を世界中にばらまき(主にアジア方面)、歯が折れる人が続出した…はずだった。

しかし日本以外の東南アジアの人々はまだ十分に歯や顎の強さを保っており、まったく効果が上がらなかった。又、海外だけでは変なので日本国内向けにも販売したところ前述の通り歯を折る、精神的ショックを受けるといった事例が多発し、徐々に食卓から姿を消しつつある。

尚、老人は歯や顎が丈夫な世代なので食べれる上、食べれない若者に「これくらいのものも食えんのか!」と叱咤した結果煎餅の需要が減るということも原因とされている。あと十数年すれば需要は殆ど無くなり、消滅してしまう可能性もある。

ちなみに、過去の某格闘大会において、山田十平衛と名乗る者が出場したが、彼は唐辛子を大量に塗りつけた大型の煎餅を投擲武器として使用した。威力は某主人公が拳一つで繰り出すパンチよりも大きく、煎餅は相当堅いものであったと思われるが、当の本人はその大きさ、堅さ、辛さをものともせずに、試合中に一口で平らげるという離れ業をやってのけている。

健康器具としての煎餅[編集]

一方、その硬さなどから歯や顎を鍛えるものとして注目を集めている。本来煎餅は食用であり、食べるのは当然のことだが、最近のナウな若者は歯や顎が鈍っているので対策として小学生など子供のうちから食べさせることで歯や顎を鍛えることができ、主に主婦に人気で、子供と一緒に健康のために食べるため家族の絆を深めるためにも役立っている。

この煎餅健康法により、歯や顎が昭和の人ほどとは言わないまでも丈夫な人も出てきており、政府の目論みは脆くも崩れ去ったが結果的に日本国民のためになったため結果オーライと考えているようである。この健康法により、日本人の歯や顎の強さは少しずつだか上昇している…わけではないらしいが、弱体化にある程度の歯止めはかかっている。

様々な煎餅[編集]

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「煎餅」の項目を執筆しています。
  • 銚子電鉄
  • 緑茶
    煎餅をディップすることにより、その殺傷力をあっさり軽減させることができる液体として知られる。反面、まったりとした煎餅が歯の隙間や緑茶自体に甚大な被害をもたらすというデメリットは決して無視することができない。


この項目「煎餅」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)