烏人間

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「烏人間」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「カラス族」の項目を執筆しています。

烏人間(からすにんげん)、カラス族( - ぞく)とは、祭の時に現れ、祭の趣旨とは関係ない部分で目立とうとする、精神疾患に感染中の人間の事である。

概要[編集]

カラス族

昭和50年代頃、青森ねぶた祭に、ねぶたのファッションやスタイルとはまるで関係のないディスコ調のファッションで踊る若者達が登場。近隣の祭にも飛び火していった。
サッカーで言うところのフーリガンにも似ており、一度火が点いたら集団で攻撃を始めたり、暴動騒ぎになったりと、なかなか止まらない事が多い。
カラスの知能指数は幼稚園児並と言われており、早急な対策の一つに「カラス族の人間への進化プログラム」「カラスは山へ返しましょうプロジェクト」など多数が執り行われたが、これと言って成果が上がっているものがなく、主催者側も警官隊の投入によりなんとか巻き返そうと必死である。

[編集]

実は鳥人間コンテスト選手権大会で、あまりの鳥頭の人間を放映しすぎたが為、「この程度なら俺等にも出来るぞ」と勘違いした「見えない羽根で飛ぼうとする人間」が増えたが為の弊害なのではないか、という見方が近年なされており、関連性についての調査報告が待たれている。
一方で、成人式などに現れるにわかカラス族などの目撃例があり、公安ゴミ清掃局による早急な対応が望まれている。

対策[編集]

都のカラス族対策の試み

東京都の場合、カラス族の対策として「早朝のゴミ収集を止め、深夜の収集にするように努める」という手法をとった。また近年に於いては「カラスは黄色が識別しづらいらしい」という事から、ゴミの袋を黄色にする事で対策にならないか、という実験が行われており、都内共通の有料ゴミ袋ではなく、ドンキホーテのビニール袋の見直しが進んでいる。

関連項目[編集]

この項目「烏人間」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)