炭水化物

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

炭水化物(たんすいかぶつ)とは、人体に非常に有害である麻薬の一種である。毒性があまり一般に認知されておらず、世界的に中毒者が多いとされる。タンパク質脂質とともに三大影要素を構成している。将来、炭水化物の摂取によって人類が滅ぶのではないかとも言われている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「炭水化物」の項目を執筆しています。

概要[編集]

炭水化物は、古来から貧しい国の民が飢餓を防ぐために摂取していたものである。豊かな国では炭水化物は普及せず、主に農作物や食肉を食べていた。以上の点から見ても、炭水化物は人体に有益であるはずがない。にもかかわらず、現在では世界的に普及しほとんどの人が中毒者となっている。現在では小麦粉という名称の炭水化物が容易に入手できる。

摂取による影響[編集]

コカコーラの中毒性の原因である。
パンの原料となる小麦粉。スーパーなどで容易に手に入れることができる。
  • 少量でも女性の場合は急激な体重の増加男性の場合は糖尿病などの高血糖症を引き起こす。
  • カロリーが非常に高く、1gあたり4kcalとおよそ500gの摂取で成人男性の一日に必要なカロリーを超えてしまう。これは糖分よりも高い値である。
  • 炭水化物に含まれる糖質は脳を刺激し強い快感をもたらすため強い中毒性がある。
  • 継続的に摂取すると逆に血糖値が低下し、イライラする、不安になるなどの症状が出る。
  • 乳酸が分泌され疲労感を感じるようになる。

以上のように炭水化物を摂取すると悪影響しか起きないのである。

コカコーラにおける炭水化物中毒[編集]

過去に夏休み期間(約40日間)に毎日コカコーラを数リットル飲用した少年が中毒症状を発症し、授業の際落ち着かず学校生活を送れなくなるという事件が発生した。この中毒症状の原因はコカコーラに含まれる炭水化物(右の画像参照)であるとされている。

炭水化物を含む食品[編集]

米は炭水化物の塊とも言われるほどの食品である。最高級とされる魚沼産のものでも5kgで6000円程と麻薬としては格安である。農林水産省によると日本国民における米の消費量は非常に高く、国民の殆どが炭水化物を摂取しているといわれる。
パン
パンも米と同様非常に炭水化物の含有量が多い食品である。世界的に有名な救世主イエス・キリストも弟子たちと共にパンによって炭水化物を摂取していたことが聖書に記されている。
うどん
うどん県の人々の主食。パンと同じように小麦でできており、炭水化物の含有量が多い食品であるが、パンと違い気泡を含まない塊であるために、その毒性・中毒性も高いとされる。うどん県は冗談抜きで人口当たりの糖尿病患者数が全国ワーストクラスであり、食生活の改善が数年前から強く主張されて久しいが、観光の売りとして押すマフィア(県庁)との抗争もあり、状況は悪化するばかりである。
お好み焼き
炭水化物を含む食品の中でも近畿地方の国民が非常に好む食べ物である。現地の国民の中では米+お好み焼き(または焼きそばやたこ焼きといった炭水化物を含む食品。こちらも現地で人気である)などどいった危険な食べ方が一般化されており、炭水化物中毒者が多い。
パスタ
ヨーロッパでの代表的な摂取方法であり、他の地域でも人気が高い。

関連項目[編集]


この項目「炭水化物」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)