火星人

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

火星人(かせいじん)は火星に住む民族の事である。火星人にはヒト形、恐竜形、ロボット形など様々な民族で構成されるが、その大半が軟体生物のタコ形である。我々地球人が真っ先に思い浮かべるのはタコ形だろう。

習性[編集]

道頓堀を攻撃するタコ形モビルスーツに乗った火星人。この後火星人はまさかの敗北を味わう。2005年に撮影されたスクープ写真。

火星人は『人』と付くので、認めたくないが、やはりタコよりも人間に近いのであろう。しかし、その形はタコとしか言いようがない。

火星人の食生活はバラエティーに富んだもの物がなく生き血だけの様である。こう言えば吸血鬼に近い感じもする。重力が少ない環境で暮らしているため、肉体は地球最弱の獣である地球人のグーでも簡単に破壊されてしまう。地球人よりも無駄に脳が大きく、体とのつり合いが全く取れていない。

科学技術は地球人のそれの斜め上に行くが、脳が無駄にでかいために考えている事も無駄が多く、細菌学に対しては全く興味がなかった様なので、初の地球侵略作戦(宇宙戦争)では風邪を引いて玉砕し失敗に終わる大ポカをやらかした。

地球人、特に大阪人おばちゃん)を酷く憎み、敵対姿勢を見せている。大阪人を特に憎むのはやはりたこ焼き消費量が世界一のためであろう。2005年に行われた宇宙戦争で火星人は大阪人を前にまさかの大敗をしてしまった事も一因である。

人間に敵対姿勢を見せる訳[編集]

  1. 彼らは我々がたこ焼きにする事を非常に恐れている。
  2. 母なる故郷の火星を、地球人の地球人による地球人のための奇跡で出来た場所にしてほしくない。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「火星人」の項目を執筆しています。