火山

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「火山」の項目を執筆しています。

火山(かざん、やけやま、ひふきやま)とは、惑星衛星に表れる巨大な吹き出物のことである。

地中深くのドロドロとした不透明な灼熱の流動体が地上に噴き出すことによって、たんこぶや腫れ物のようなものができ、でこぼこした痛々しい痕が残る。

概要[編集]

堪忍袋の緒が切れたご様子。

「火を噴く山」というが状のばかりでなく、状の窪地であろうが、真っ平らであろうが、噴火口がありさえすれば広い意味での火山であることに間違いない。火口が海水に浸かっている場合は文字通り「海底火山」と呼ぶ。火口が土に埋もれていて、ひと目では火山だと分からないのようなものもあるので注意が必要である。

火山が爆発するのは地球が怒っている証拠であると考えられ、惑星衛星など比較的小さな引力潮汐力など大宇宙の見えない力に翻弄され、過大なストレスに苛まれている。常時はらわたが煮えくり返っているような状態であるため、ちょっとした拍子で堪忍袋の緒が切れてしまうと言われており、火山の噴火によって絶滅に追いやられた生物も少なくない

成因[編集]

多くの火山は、地球の肌に負荷がかかったことによって、歪みが生じているところにできやすい。長い傷が走っている場所や、深いしわが刻まれている場所は、地肌が脆くなっているため、その周囲にヒネズミサラマンダーといった火霊・火精などが血潮をたぎらせながら、次々と増殖を繰り返してマグマだまりを形成していき、マグマが地上に押し出されて噴火にいたるとみられている。熱腺が発達している場所は、火の精霊のすみかと考えられており、ひっきりなしに火山が生まれる熱源である。

分類[編集]

活動の頻度によって発症火山潜伏火山完治火山と分類することがあるが、長きにわたって活動がみられないため死んでいると思っていた火山がいきなり活動を再開するなど、火山を勝手に死んだものと見なすことは極めて危険かつ安易な考えであり、火山のに対してあまりにも失礼ではないかと指摘されている。

地球外の火山[編集]

石頭の自称百科事典によると、地球の他に火山の噴火が確認されている天体として、木星の衛星イオ土星の衛星エンケラドゥス海王星の衛星トリトンがある。エンケラドゥスやトリトンには、液体窒素など冷たい物質を噴き出している火山が存在しており、「氷火山」というなのかなのか訳の分からない名前で呼ばれている。かつてはも吹き出物に悩まされていたが、現在では沈静化しており、夥しい数のクレーターが残っているのみである。

余談だが、空飛ぶスパゲッティ・モンスター教(スパモン教)の教義によると、天国には「ビールが勢い良く噴き出す火山」がそびえ立ち、地獄には「気の抜けたビールを垂れ流す火山」が横たわると説かれている。すべての者がビールを好むというわけではないので、スパモン教が説く死後の世界は、ビールを愛した者だけが天国に召され、そうでない者はすべて地獄に堕ちるのではないかと推測されている。また、マクドナルドランドには、マックシェイクの湧き出る火山があるという設定になっている。

関連項目[編集]


この項目「火山」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの火山です。より烈しく加熱して下さる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)