瀬戸市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「瀬戸市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「瀬戸市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「瀬戸市」の項目を執筆しています。

瀬戸市(せとし)は、名古屋共和国尾張県(旧:愛知県西部。かつての尾張国)に位置する都市である。

言わずと知れた焼き物の街であり、「瀬戸物」(せともの)という名は陶磁器代名詞として名古屋共和国内のみならず日本中に轟いている。

概要[編集]

名古屋共和国有数の陶磁器である瀬戸焼の生産地として知られている。かつてはが陶土で白く濁り、が煤煙で黒く染まるほどであったという。現在ではさすがにこういった光景は珍しいものとなったが、屋根瓦、床や壁のタイル、灯篭、橋の欄干など市内の建造物の至るところに陶磁器が用いられており、まさしく陶磁器一色に塗りたくられた都市であるといえる。

瀬戸市の紋章は「」の字と「」の形がデザインされたものであるが、土の字が十字架の形にも見えるため、周囲からキリスト者が集まってコミュニティを形成するようになり、宗教学校を創設するまでに発達している。

地理[編集]

市の東部に広がる尾張丘陵には、焼き物の原料となる良質の粘土ガラスの原料となる珪砂が豊富に含まれており、瀬戸は多治見(美濃焼)や常滑(常滑焼)などの濃尾地方に広がる陶磁器産地の中心として影響力を誇示したのである。更に日本六古窯の筆頭として、瀬戸よりも一段と京都に近い伊賀(伊賀焼)や甲賀(信楽焼)といった産地との交流も多い。

しかし、瀬戸市との結びつきが強かった旧尾張旭市中京都に編入され「旭区」となっており、瀬戸市の勢力圏が著しく縮小した形となった。瀬戸市は当面の間単独市制を貫くものとみられるが、中京都は依然として膨張志向を崩しておらず、今後の状況は流動的であるといえる。

歴史[編集]

古の伝えによると平安時代から焼き物作りが始まっていたとされ、鎌倉時代になると、瀬戸の良質な土に目を付けた加藤四郎左右衛門景正によって、本格的な陶器の生産が行われたのである。

江戸時代、磁器が陶器の人気を凌駕するようになり、窮地に立たされた瀬戸を救うため、加藤民吉はすかさず磁器の先進地・肥前有田に赴いて、当時門外不出であった有田焼の製法を学び取るため、地元民になりすましてようやく技術を会得し、瀬戸に逃げ帰ってこれを広めた結果、瀬戸は焼き物の産地として見事復興を遂げたのである。

これによって後の大幅な衰退を余儀なくされた有田や、陶磁器の代名詞の座を巡って唐津と争うなど、九州の陶磁器産地とは諍いが絶えない。

なお、瀬戸市内の小学校では民吉よりもヨハニス・デ・レーケのほうが詳しく教えている。理由は不明。記憶が正しければ、瀬戸市が発行している冊子を配っただけで民吉の事は授業にでてきてない。

哀・地球博の開催[編集]

市内東南部の海上の森は、哀・地球博の会場予定地となったことにより、一時は開発の危機にさらされたが、絶滅危惧種であるオオタカの営巣が確認されたことにより、反対運動が沸き起こったのである。

その結果、瀬戸会場は規模が縮小され、万博のテーマ変更も余儀なくされ、長久手町にある愛知青少年公園を海上の森の身代わりとすることで闘争は決着し、同公園が長久手会場として整備され、公園とその周辺は道路造成のために山が削られ、地形は大幅に変わり果てたのである。 かくして、環境を破壊して造られた会場から堂々と自然保護を訴えるという茶番劇が幕を開けたのであった。

その際、海上の森に住んでいた森の精・モリゾーキッコロが、万博のイメージキャラクターとして駆り出され、万博は半年で終わったにもかかわらず、あまりの人気のためか未だにこき使われ続けている。

なお、瀬戸市内の少年少女の多くは家から自転車で瀬戸会場まで行き、そこからロープウェイに乗って長久手会場に行っていた。しかし、ロープウェイの最終時間が長久手会場の閉園時間よりもはやかったため、多くの少年少女が長久手会場から瀬戸会場まで歩いて帰った。なお、地元の子供であれば片道30分程度でいける。

経済[編集]

主産業はいうまでもなく窯業であり、市民の9割以上が窯業関係者とその家族である。と言われているが実際はそうではない。瀬戸市で生まれ瀬戸市で育ち、せともの祭には生まれてから毎年、前夜祭から参加している筆者でさえ知り合いに窯業関係者はいない。瀬戸市内の某高校では陶器をつくる学科があるとは風の噂で聞いたことがある。あくまで、噂である。ちなみに近年では名古屋や豊田に出稼ぎにでる外国人サンが瀬戸市内の団地で多く見られる。時代は変わっていくものだ。

市内には数多くの陶土珪砂採掘場があるが、窯は諸刃の剣であり、陶磁器を作るたびに山を削らなければならず、まさしく身を削る思いであった。

なお、原料採掘場は名古屋にある大企業によって押さえられており、小規模な陶磁器工場が乱立する瀬戸の陶磁器産業はいまや完全に名古屋の手中にあるといってよい。

交通[編集]

名鉄瀬戸線
国鉄中央線の誘致に失敗し、悲観に暮れていた瀬戸町民が自前で中央線まで完成させた路線である。国鉄は接続駅をすぐに開設しなかったため、業を煮やした瀬戸町民は中央線を越えて名古屋中心部に鉄道を延伸させたという努力の歴史がある。これが現在の名鉄瀬戸線である。
もうひとつの瀬戸線
東海道線と中央線を短絡する貨物路線として、岡崎と多治見を結ぶ「岡多線」とともに、稲沢と瀬戸を結ぶ「瀬戸線」が計画されていたことはあまり知られていない。貨物需要の減少傾向が続く中、国鉄は計画を縮小し、一部の区間が愛知環状鉄道として開業したにとどまったのである。ちなみに愛知環状鉄道は現在黒字経営であり、万博の波及効果によって、愛知環状鉄道からJR中央線に直通し、中京都の中心駅である名古屋駅にいくことが可能となったため、JRへの復帰を望む声もあがっている。

観光[編集]

名所・旧跡[編集]

定光寺
尾張徳川家の菩提寺。周辺は「名古屋の奥座敷」とよばれる秘境であり、最寄り駅は春日井市内の「秘境駅」こと定光寺駅である。
愛知県陶磁資料館
陶都・瀬戸における陶磁文化の殿堂。最寄り駅は豊安京内の陶磁資料館南駅である。

祭事・催事[編集]

瀬戸の二大祭りに数えられる「陶祖祭」と「せともの祭り」は、異境の地から技術を盗み取り学び伝え、瀬戸を陶都に至らしめた二人の産業スパイ伝説的人物の遺業を讃え偲ぶ祭りである。加藤四郎左右衛門景正はから陶器の製法を、加藤民吉は有田から磁器の製法を掠め取った持ち帰った人物であり、瀬戸市民にとって文化英雄的存在である。

陶祖祭
瀬戸焼の陶祖・加藤四郎左右衛門景正を祀る陶彦神社のの例祭。「陶土をたたえ、珪砂をいつくしむ」ことを趣旨としている。
せともの祭り
瀬戸焼を再興した磁祖・加藤民吉を祀る窯神社のの例祭。「陶工をうやまい、割れてしまった陶磁器をしのぶ」ことを趣旨としている。

関連項目[編集]


この項目「瀬戸市」は、執筆者が陶工だった可能性もありますが、未だ素焼きの状態です。二度焼きして下さる熟練者を求めています。 (Portal:スタブ)