濃姫

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Uncyclo letter u2.png
この記事には拡張が必要です。

この記事は無限の可能性を秘めています。
質・量ともに充実させて、完全無欠な嘘八百記事にしてください。
編集の際にはここを参考にしてください。

注:貼り付けから30日以内に拡張されない場合、この記事は削除の候補となります。
30日経っても改善が行なわれていなければ、この記事へのリンクが赤く変色してしまうかも。

このテンプレートは 2018年12月3日 (月) 14:15 (JST) に B-vivace.Y (編集回数) によって貼り付けられました。
注意: このページは48日間編集されていません。もしかしたら放置されているかもしれません。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「濃姫」の項目を執筆しています。

濃姫(のうひめ)は戦国時代の魔王織田信長の正室にして美濃のマムシと呼ばれた戦国大名斎藤道三の娘である。マムシの娘かつ魔王の妻と言う美味しいポジションにもかかわらず資料やエピソードに乏しく、信長との結婚後は殆ど彼女についての話はない。その為竜頭蛇尾姫などと揶揄されることもあるが、一方で彼女は裏方に回って織田家を陰から支えていたのではないかとの説もある。

人物[編集]

  • マムシの娘だけあって1ヶ月に1回脱皮する。その為、肌荒れの心配がない。
  • 多数存在する織田信長のクローンは全て彼女が作った。
  • 短気で狂暴な信長だが、彼女に睨まれると文字通りに睨まれたカエルのように縮んでしまう。
  • 本願寺顕如との戦いでは自ら艦隊を率いて信長の援軍に駆けつけた。
  • 濃姫と言う名前は美濃から来た姫様だからと言われている。一方で、行為に及んだ信長が彼女の陰毛の濃さに仰天したから濃姫と呼んだとも言われる。
  • 第六天魔王との間に娘がいた可能性が指摘されている。
  • 信長にヒトラーひよこ陛下を紹介し、彼らとの間を取り持ったのも彼女である。
  • 実は髪の一本一本が蛇なのではないかとも言われている。また彼女と目を合わせると石化するという噂が一時期広まった。
  • 血が猛毒で出来ている。
みなさん、松平です。 この項目「濃姫」は、日本史に関連した企画書ですが放送日が迫っています。アンサイクロペディアではその時でないのに歴史が松平アナを動かす! (Portal:スタブ)