漫湖

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
河口を膣口とすると、子宮の部分に当たる

漫湖(まんこ)とは、琉球帝国に存在する干潟である。ラムサール条約登録湿地として有名である。また、湖の名称が関東地方女性器の俗語と発音が一緒であることでも有名である。

2002年2月24日に、NHKニュース『おはよう日本』の放送中、漫湖の映像が流れた際、 膳場貴子アナウンサー(当時26歳)が地名を読むことを拒み「この湖」と発言したことにより全国区の知名度となり、2010年8月19日テレビ東京空から日本を見てみよう」ではこの湖の名称が連呼された。

概要[編集]

こんにちは。漫湖は、琉球王国の貿易拠点であった。これは、他国の船を陰茎にみたて、それを子宮(漫湖)に挿入(入港)させることで子孫繁栄を願う、という意味がこめられていた。しかし、明治時代に入ってからは文化が廃れた為、近年まで忘れられていた。現在では安産を願う観光客が訪れる観光スポット(Gスポット)となっており、土産物の「漫湖ちんこすこう」がベストセラーになっている。

歴史[編集]

古代におんな(恩納)のいんぶ(伊武部)ビーチからの派生とも思われる。 漫湖は、愛液のよく湧き出る2つの水源を持っており、太古の昔より近隣の村々の子孫繁栄の為に貢献をしていた。前述の通り、琉球王国時代は貿易港でもあった。しかし、現在では愛液が枯れてきておりこのままでは2069年には枯渇するといわれている。最近ではスイスレマン湖にも同様の現象が見られる。

近況[編集]

入口への案内。常に濡れているようだ。

2004年に漫湖のほとりにて開催された「全世界少子化対策会議」によると、「漫湖の愛液の枯渇は全世界的な少子化との強い相関性がある。」との共同声明が発表されている。そのため、翌年の2005年3月24日に「漫湖の愛液枯渇を防ぐ会」が発足しており、日々漫湖の愛液枯渇を防ぐ策を練っているが、今のところ抜本的な解決策は発見されていない。

「漫湖運動公園」という自然公園内にあるため、早朝や夕方には近隣住民が漫湖で「ハァ…ハァ…」と体液を流す。

地元の小学生による写生大会のメッカとなっているが、間違えて射精大会を行うと犯罪になるので絶対に射精を行ってはいけない

漫湖クリーン大作戦という名で、清掃活動も行われている。

近隣には栗と栗鼠の生息地があり、これらが活性化すると愛液の分泌が活発になるという調査報告もある。

また現在では、マンゲローブが急増し、根元のごみが異臭を放ち、「漫湖はモジャモジャで臭い」という状況に陥っている。調査の結果、カスがたまっている事がわかり、那覇市が対策に乗り出した。

関連事項[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「漫湖」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「漫湖」の項目を執筆してくれています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「漫湖」の項目を執筆しています。

外部リンク[編集]

あずにゃん もう、タイピング間違えても、ホラばっかり吹いてても、叱らないから… 削除…しないでよ…… (Portal:スタブ)