漢詩

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

漢詩(かんし)は、古代の中国で読まれていた詩歌の一つ。最近では滅多に詠まれなくなってしまった。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「漢詩」の項目を執筆しています。

漢詩の種類[編集]

漢詩の種類としては、主に4種類があげられる。

五言絶句[編集]

例:五言絶句(Ratius作)

五言絶句者 古代漢之ナリ
各~偶数句末 必使
  • 読み
五言絶句は 古代漢の詩なり
各偶数句末に 必ず似る音の字を使ふ

現代語訳

五言絶句は漢代の詩である。
それぞれの偶数句の最後に、必ず音の似た字で韻を踏むルールがある。

七言絶句[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

五言律詩[編集]

例:五言律詩(Ratius作)

五言律詩者 殆マルル
人民不 漢詩不
頷頸聯成 偶句末踏
平仄実ラカナラ 中国語奥
  • 読み:
五言律詩は 殆ど全て詩人に読まるる
人民詩を選ばず 漢詩民を選ばず
頷頸の聯対を成し 偶句末韻を踏む
平仄実に未だ明らかならず 中国語奥深し

現代語訳

五言律詩は、ほとんどが詩人によって詠まれた。
人が詩を愛したのと同じように、詩も人を愛していたらしい。
頷聯(三・四句)と頸聯(五・六句)は対句を成し、偶数句末には音韻がある。
平仄という決まりがあるそうだがまだよく分からない。中国語は実に奥が深いなあ。

七言律詩[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]


於記事 未完成
量相悪 ヘルモ十分ナラ(五言絶句) (Portal:スタブ)