演出

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情ナントカ還元水が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

演出とは、物事を効果的に見せる為のギミック(仕掛けや策略八百長など)の事である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「演出」の項目を執筆しています。

概要[編集]

実際には有り得ないような出来事の連鎖が何者かの意思によって展開していき、様々なフラグが発生したり、勝負の行方が決したりする。

この演出が上手いとも酔うが、下手だと出演者と演出者のみが酔うという御粗末な三文芝居となってしまう。

逆に、敢えて誰もが想像するような展開通りに話を進める、というベタと言われる演出技法もあるが、これは高等技術である為に注意が必要である。

様々な演出[編集]

場面の演出[編集]

  • 新学期、もしくは入社初日。
  • 混み合った電車の中。
  • 交差点。
  • 学校の校舎の中。
  • 旅行中。(大抵は温泉。学園物だと修学旅行や長期休暇中の友人同士での旅行も有る。)
  • おまつり
  • 夜の繁華街。
  • 切り立った岬。

関係の演出[編集]

事件の演出[編集]

  • ぶつかった拍子に相手にもつれ込んでしまい、着衣が乱れるか、無意識的な接触(唇が触れる恥ずかしい所に触れてしまう・握ってしまう、等)が発生する。(大抵は恋愛フラグが立つ)
  • スリや痴漢と間違われる。
  • 突然失踪したりする。(むしゃくしゃして独り夜の街へ飛び出す、等)
  • 混浴である事を知らずに入ってしまう、または宿に着いてから混浴である事に気が付く。
  • 周囲で頻繁に犯罪が発生する体質である。
  • 事件の顛末を饒舌に喋り始める。(大抵は死亡フラグが立つ)
  • 実は知人の中に特異能力(純粋な怪力であったり、超能力や魔法などの場合も含む)の持ち主が居る。
  • 特異能力に目覚めてしまう、或いは単なる電波発信源となってしまう。
  • 突然訪れる死。

特殊な演出[編集]

  • ツンデレ属性を持つ場合、理不尽な程に直情的であったりする。
  • 危機的状況、特に性的なピンチから無事救われる場合、大抵は関係者による演出である。
  • 女性の涙。
  • (スポーツ限定)引退する場合、大抵は有終の美を飾る。但しプロレスに於いては引退宣言自体が演出である為、効果は無い。
  • 珊瑚
  • 拳闘じゃなくて闘拳
  • 納豆
  • 大差で負けている時と優勝が無くなった後の日テレの巨人戦。

関連項目[編集]