滋賀大学

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

滋賀大学とは、元祖リア充よって設立されたリア充養成を目的とした大学である。

概要[編集]

名前の通り、滋賀県にある。しかしながらその立地は創設者によってたくみに計算され、そうそう簡単には京都へ遊びに行くことができないような配慮がなされている。これは学業に専念させるためのありがたい配慮であり、学生たちは一番遊びにいきたい時期に、まるで牢獄のようなクソ田舎で過ごさなければならないというジレンマを入学してからすぐに知る仕組みになっている(教育学部はまだましだけどね)。ただし、たとえそんな環境であっても問題ない。リア充たちはたとえどんな劣悪な環境であろうが、自らの持ち味である異様に高いテンションと、その驚異的な行動力を駆使し、自分たちにとって楽しい環境を構築する技術を持っているからである。この点については、当大学はリア充を育成するという目標をしっかりと達成しているといえよう。しかしながら、立地が田舎なため、言語活動については自然と一体化していくためか、入学後徐々に降下するか、それ以上上がらない傾向がある。実際にキャンパス内では「ウェーイ!」という謎の言語で会話が成り立つという現象が確認されている。

目標[編集]

  • 授業を疎かにし如何に遊ぶかを考案できる能力
  • 欠席のリスクを計算し、ギリギリまで休むことの出来る態度の育成
  • リアルを充実させ、PC等に依存しない生活習慣の確立

学部[編集]

経済学部[編集]

むかーしからの古い歴史がある。経済学部は彦根にあるため、冗談抜きで隔離された環境である。多くのリア充が生息する。オタクもいるが、それはリア充なオタクのため、高校時代にできたオタク友達と同等であると判断したり、アニメのストラップがぶら下がっているからと安易に声をかけると、直ちにリア充の毒牙にかかる可能性があるので警戒する必要がある。彦根城に近いため、卒業後は彦根城に就職することも出来る。

教育学部[編集]

大津市、といえばベッドタウンで有名だが、当学部は大津市でも屈指の田舎力を誇る場所にある。あまりにも田舎のため、大学構内が市民の通り道、または公園と認識されている。JRの駅から10分というのが大学からの発表であるが、朝にはごく普通のバス停ひとつに滋賀大生が殺到するため、バスにすぐ乗れない可能性が高い。また、朝はただでさえクソ狭い田舎の商店街のような道に、通勤の車等が終結するため全くバスが進まないという恐ろしい事態が待ち構えている。学内には大量のリア充が蔓延り、敷地に入った瞬間にキモオタはショックで3分も持たずに息絶える。また、上空から食べ物を狙って急降下してくるトンビの驚異も、この学部ならではの大きな特徴である。

学生について[編集]

「ウェーイ!!」「フォォオオオオイイ!!」などの奇声を発し、鼓舞しながら学生生活を送っている。授業中は教授の目に止まらぬように携帯電話を操作する技術を誰もが身につけている。でも根は真面目なので結局は講義をうけている。学内では積極的に学生同士のコミュニケーションが取られ、話の話題はまるで無限の泉から湧きでてくるようにまったく尽きない。理系の学生が見たら失神する。このような環境なので、オタク(リア充ではないオタクな)はやはり肩身が狭い。しかし最近では、そんなオタクたちも反撃に出ている。具体的にはオタク同士がニュータイプのごとく特有の意思疎通によって集結し、リア充に対抗する、といたっものである。これについては評価できるところであるが、実際にはリア充の戦闘力は相当なものであり、戦わずして負けている状態である。また見た目がオタクっぽい学生でも、安心して話しかけた瞬間に戦闘力が急激にアップし、実はリア充であったという事件も少なくない。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「滋賀大学」の項目を執筆しています。
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
この項目「滋賀大学」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)