源頼朝

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
凛とした頼朝公。政子たんが惚れるのもわかる。
源頼朝。こんなんで義経を裏切るとは…
「この件についてはコメントを差し控えていただきます」
源頼朝 について、源義経

源 頼朝(みなもと の よりとも、久安3年4月8日1147年5月9日) - 正治元年1月13日1199年2月9日))は、誰もが認める武士の中の武士、カリスマ将軍(本当は武家貴族かつ軍事貴族)。

鎌倉幕府初代将軍。一人称は「ボク」「僕ちん」(ひよこ陛下の御前でのみ「余」)たまに「俺」と呼ぶ。天皇家の親戚かつ親族(広義の皇族)である源氏総領家という尊い身分を持った人。京都生まれ、源義朝の三男で嫡男。お母さんは藤原南家出身、足利義兼は母方のいとこにあたる。

子は源忠頼(千鶴丸、生母八重姫藤原維幾の末裔の伊東祐親の娘)とともに継母の政子に殺害された)、源頼家源実朝、大姫(木曾義仲の嫡子木曾義隆室)ら。

略歴[編集]

鎌倉に本拠地を置いたので、苗字鎌倉源氏鎌倉氏として、鎌倉頼朝(あるいは鎌倉三郎)とも呼ばれた。庶民の希望としては天皇の座に就くべき人(もしそうなったら、日本は東西に分裂するだろうな…)。

あまりにも強いので平清盛は彼を伊豆に追放した。しかし彼は現地の伊豆の天城山の首領・北条時政(中臣姓伊豆国造の系統の阿多見氏の系統で長崎氏と同族)とともに当時田舎だった伊豆を改造して一大リゾート地に変えた。これによって資金源をえたため、平家討伐を決意する。

ほんで、六弟の源範頼(お母さんは遊女)、末弟の源義経に平家討伐を無理やり手伝わせた挙句、用がなくなったらポイっと捨てちゃうほど冷酷だが、実は家庭を大事にするので全体的にはやさしい(これは本当です)。

全ての武士の尊敬を集めまくっており、あの織田信長でさえ、彼に臣下の礼をとってしまったほど権威がある。この世で唯一織田信長をおちょくれる度胸がある人物(だけど、下賤出の無学な豊臣秀吉はタメ口をきいていたが)。極度のサディスト(実は奥さんの北条政子が旦那のイメージに悪印象をかぶせ、わが子もふくむ頼朝一族を皆殺ししたのが有力な真相だとか…)。

親戚の新田義重武田信義を終始まで飼い殺しにし、叔父の志田義広源行家(新宮義盛)と対決し、これを葬るなど、親族に対しては冷淡なところがあったようだ。

関東平定まで[編集]

源頼朝は平治の乱で父、源義朝が敗れたため平家によって捕まる。 その後伊豆に流されるが、その後挙兵。わずか300の兵で勇敢に平家と戦うが、陣頭で「僕ちん」と発言したために見方の士気が低下、3000の兵に敗れる(石橋山の戦い)。

頼朝を探していた、梶原景時は「僕ちん」という人が頼朝なわけないだろうと思い、見逃す。その隙を狙われた景時は頼朝に弱みを握られ従う。その後景時の火事場の馬鹿力とも言うべき策略で関東を平定。景時は頼朝に魅力を感じ、心から恭順した。

平家滅亡まで[編集]

その後頼朝を撃破すべく来た平家の軍勢と対立。

ちょうど来た異母弟の源義経のかくれんぼの才能を利用し、びっくりさせ、平家を撤退させる(富士川の戦い)さらに義経を上洛させ後白河法皇マインドコントロールされていたいとこの木曾冠者の源義仲をSA・TSU・GA・Iし、京を占領する。

後白河上皇は義経のマインドコントロールに成功。一ノ谷、屋島において義経のエクストリーム・かくれんぼで平家の裏をつき、平家を壊滅させる。(一ノ谷の戦い)、(屋島の戦い)さらに、壇ノ浦ではボート競技に頭角を現し、平家を滅亡させる(壇ノ浦の戦い)。

奥州合戦まで[編集]

後白河法皇のマインドコントロールにやられるものは増え、頼朝は仕方なくマインドコントロールされていた武士を関東から追放。同時に義経も追放する。義経を捕縛しようと頼朝は詮索するが平家との戦いで極めたエクストリーム・かくれんぼは敗れず、義経は奥州へ潜伏する。

奥州の主、藤原秀衡は、義経を将軍にして関東と滅するよう子に言い残して死んだ。

その子泰衡に頼朝は義経を殺さなければワンチンと結んで殺すぞ!とワンチンと結んでいるというありえないの嘘をいうが、ばかな泰衡は本気にし義経を衣川で誅滅した。

頼朝は今度は義経を殺したのを理由にキレ、奥州に対し戦を仕掛ける。 泰衡は殺した義経のエクストリーム・かくれんぼを使い、玉造郡に頼朝の軍がきたら逃げ、多加波々城も攻められたら即逃げた。さらに平泉でも自分の館を焼き、逃げる。しかし義経のようにうまくいかずついに厨河で殺されてしまう。俗にこれを奥州合戦という。

その後[編集]

後白河法皇は得意のマインドコントロールを頼朝にも試みる。しかし頼朝はこれを避け、上皇は逝ってしまった。これにより頼朝は征夷大将軍に任じられ鎌倉幕府を開く。

しかし、北条父娘に殺害された亡き長男の忠頼(千鶴丸)を思い出しては泣くたびに、北条父娘にあらためて怒りを覚えたために、かえって「後白河&義経の怨霊による呪い」と称した時政・政子父娘の陰湿な陰謀により、その後馬から落ち、毒薬を飲まされて絶命したという。享年53といわれるが、1076との説もある。

頼朝と義経[編集]

この兄弟を巡る悲劇は歴史上非常に高名であり、1558年に日の本三大兄弟にノミネートされたほどである。頼朝と義経は実の兄弟であったが、父義朝は妻の浮気を疑い、義経ともども勘当してしまう。何故このような運びとなったのかは明らかにされてはいないが、一説によると、平氏との度重なる戦で心労が募った義朝が今朝の星占いの結果を本気にしてしまったためとも言われている。

幼くして生き別れになった頼朝と義経は、それぞれ別の場所で人質としての生活を送ることになる。兄頼朝は平氏の下で草履を尻に敷かれるなどの陰湿ないじめを受けていたのに対し、弟義経は呑気にヒーローごっこに興じて牛若丸を名乗り、弁慶とか言うサクラを退治して遊んでいた。

後に頼朝が平氏打倒の兵を掲げた時に義経との再会を果たす。その夜、頼朝は辛かった少年時代を涙混じりに切々と語ったが、義経は空気を読めずに楽しかった少年時代と題した作文を鼻歌交じりに音読した。この時に頼朝が抱いた殺意と嫉妬と愛しさとせつなさとスリルショックサスペンスは 筆舌に尽くしがたいものであったという。頼朝は最前線で義経をコキ使った。戦死してくれる事を期待したが、ヒーローごっこで鍛えた前口上の力で義経は連戦連勝を繰り返す。どちらかというと戦下手だった頼朝は「幼少の頃にヒーローごっこさえしてればあんな奴に…くやしい、ビクビクッ」と、さらに嫉妬心を募らせる。

頼朝が天下統一を果たす頃には義経に対する感情は頼朝が押えきれないほどに肥大化していた。頼朝は専属カウンセラーと三日三晩相談の結果、義経を追放することを決意。その後、なんか義が生きていることも辛抱たまらなくなった頼朝は義経の潜伏先にそいつを殺せと脅迫する。びびった奥州側は速攻で義経を殺すが、この頃の頼朝は重度の精神疾患を患っており、(一説には腸閉塞とするものもある)「そんな命令を出した覚えは無い」と逆ギレ。奥州に兵を送り藤原氏をも滅亡させた。

義経が死んだ後の頼朝は一時は狂喜乱舞し連日連夜どんちゃん騒ぎを繰り返したが、やがて「日常生活に張り合いが無い」と塞ぎ込む日が多くなった。 晩年は常に義経のコスプレをした稚児小姓にして彼の周囲にはべらせたという。

頼朝語録[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「源頼朝」の項目を執筆しています。
Quqpacmanlogo3.png
源頼朝が放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/武将」へ収録されています。
  • 「今月厳しいんだよね。」(御家人が領地をねだったときのセリフ)
  • 「(後白河の)くそったれ老いぼれ野郎がくたばりやがったぜぇ!ヽ(^o^)丿」(後白河法皇死去に際して)
  • 「なんで、なんで!?」(RPG全クリ直前のセーブデータが突如消えたときのコメント)
  • 「おっ、うまいじゃん!」(信長の大好物の期間限定生産のケーキを無断で食べたときのコメント)
  • 「信長~!?誰それ?」(あまりにもカリスマすぎて下々の名前など覚えられるか!と言ったときのセリフ)
  • 「ところでオマエ誰だっけ?」(織田信長との初対面で最初に言ったセリフ)
  • 「ちょんまげ野郎!」(酒の勢いで信長に対して発言)
  • 「天下は魔界源氏の物。我が魂は不滅じゃ。」(平景清との初対決の時のセリフ)
  • 籤引公方義教?!俺の源氏惣領家を奪ったやつの末裔か。」(義教と初対面した時の発言)
  • 「ぉぃ?!俺の惣領を奪うなよ。それからな俺のキャラをパクんな。分家の分際でよ。」(義教に対する峻烈な感想)
  • 「あべし」(死ぬときのセリフ)

関連事項[編集]

先代
源義仲
征夷大将軍(鎌倉幕府初代)
1192年 - 1202年
次代
源頼家
Hitlerefficiency ハイル・ヒットラー! この源頼朝は、偉大なる我らがアーリア民族の築き上げた最高の文化的作品である!
この記事を書き上げてこそ、ユダヤ人を殲滅できるのだ!
この記事をつまらなくする者に宣戦布告を! ジーク・ハイル! (Portal:スタブ)