満弦ヶ崎中央連絡港市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

満弦ヶ崎中央連絡港市(みつるがさきちゅうこうれんらくこうし)とは、日本のどこかにある都市。香川県という説が有力。都市名の長さ日本一かもしれない。

概要[編集]

市内を流れる弓張川。緑豊かだが、どうみても堤防とかが貧弱である。

地球連邦政府で唯一との連絡港が置かれている、地球と月の窓口となっている都市である。かつてのオイディプス戦争で甚大な被害を被った。その為今の町並みは全体的に新しい。満月のような形の入り江が都市名の由来。弓張川という二級河川が市内に流れている。堤防が貧弱なので大雨の時には洪水の危険があるので堤防のパワーアップが必要だと思われる。人口は約25万人。

主な産業[編集]

月との貿易 
かつて貿易摩擦で戦争になっちゃったので、今は輸出量が制限されている。
陶磁器生産 
月のお姫様もお気に入りの伝統産業。
カーボンナノチューブ 
この町の自称獣医が生産。月にまで輸出されている。この町の経済を支えてる。

地理[編集]

弓張川の三角州には月人居住区が作られていて、大使館や博物館、連絡港などもここにある。まるでクレーターのような形をした満弦ヶ崎湾があり、これに沿って丘の上に物見の丘公園が広がっている。それなりに進学校のカテリナ学院は市街地の北東から東側に位置している。

名所[編集]

物見の丘公園 
市の端にある巨大な公園。昭和記念公園よりちょっと小さいかくらい。パッと見、普通のお金が余っちゃったから作ったノリの巨大なモニュメントも名所である。
月王立博物館 
月の王家(主にセフィリア女王)が設立した博物館で、地球の人々に向けて月の文化を紹介している。ここ数年は赤字である。
礼拝堂 
月人居住区にある、宗教団体「静寂の月光」の礼拝堂。月人は地球人があまり好きではないので、目立つ行動は避けるべきである。
遺跡 
戦争前には月との交通に使われた機械類の跡。今は使い方がわからないので、荒れ果てている。廃墟マニアに人気。一般人のいたずらによって月に向けて核弾頭ロケットが発射される事件がおきており、侵入して見つかるとやっかいになる恐れがある。近くでお弁当でも食べながら眺める程度にしよう。
駅前のデパート群 
その名の通り、ショッピングに最適。
弓張川 
都市部にあるくせに緑豊かであまりいじられていないということでは日本有数の川。四万十川の次に綺麗かも。雨の日はもしかしたら洪水が発生するかもしれないので行かない方がいい。

長い都市名について[編集]

あまりに長いので市民には普通、満弦ヶ崎市と呼ばれる。なぜこんなに長いかというと、市が月への数少ないロケットその他が発着していることを認知してもらうためだと言われている。でも今は移動がかなり制限されているのであまり意味がない。このことを議論するのは禁則事項です

関連項目[編集]

この項目「満弦ヶ崎中央連絡港市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)