満州国

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情ナントカ還元水が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
この記事は右に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「満州国」の項目を執筆しています。

満州国(まんしゅうこく)とは、支那満州に現在も存在する民主国家である。昔は大日本帝国の同盟国であり満州を統治していた。現在は、支那貧民共和国及びソビエト連邦と戦闘状態にある。

満州国成立と崩壊[編集]

満州国は、関東軍の力を背景に成立した民主国家であり、その頃中国を支配していた国民党等などよりも素晴らしい国家であり五族協和八紘一宇を唄った近未来国家でありアジアを代表する国の一つでもある。1941年、満州国の盟友である日本が米国に宣戦布告し大東亜戦争が始まった。満州国も国内の関東軍の精鋭を南方の戦線へ送り協力した。

初戦は日本軍の圧倒的な差で米軍を圧倒させていたが、1942年ミッドウェー海戦で米軍は卑怯な手を使い皇軍は敗北した。結果は、空母四隻撃沈という悲惨な結果であった。

その後、米軍は卑怯な手を使いニューギニアトラックマリアナと戦線を拡大して、遂に、日本の絶対国防圏であるサイパン島を陥落させ海軍はマリアナ沖海戦で大敗北し日本は非常にやばくなってきた。米軍は日本本土へ無差別な空襲を行った。米軍はフィリピンへ侵攻し、海軍は戦艦武蔵などの連合艦隊を送ったが武蔵はシブヤン海で撃沈しフィリピンも負けて、おまけに大和沖縄への菊水作戦時に米軍の艦載機にやられ撃沈した。

1945年8月7日、日本と中立条約を締結していたソ連は満州国に宣戦布告した。ソ連軍は一気に南下し我等が関東軍はほぼ南方の方へ精鋭を送っていたので太刀打ち出来ず満州国は日本の終戦時に滅亡し初代満州国皇帝であり清朝最後の皇帝溥儀は朝鮮へ逃れ亡命政府として満州国は一応存在した。そして、1945年8月15日満州国の盟友であり世界を敵に回した大日本帝国はポツダム宣言を受諾し国体の維持(=天皇制)を条件に有条件降伏した。

満州国の復興[編集]

満州国亡命政府は1945年8月15日の玉音放送を聞き亡命政府の拠点であった平壌を脱出し、朝鮮総督府がある京城へ向かった。その後、総督府内の一角で満州国亡命政府は存在していた。1950年、朝鮮戦争が始まり北朝鮮側に支那貧民共和国が、南朝鮮側に米国が介入しその後、ソ連が北朝鮮側に介入する代理戦争に突入した。

満州国亡命政府はこの時を見逃さず南方の戦線から帰ってきた旧日本軍の兵士や満州から転戦してきた関東軍の精鋭、旧日本海軍戦艦「長門」本土決戦に使用されるはずであった特別攻撃隊神風)のジェット機桜花」、風船爆弾空気砲等を集めて朝鮮半島を迂回しながら進撃し1951年の3月下旬遼東半島に上陸した。遼東半島には支那軍はおらず楽々と旅順を陥落させ、旧満鉄を入手し満州へ進撃した。こうして、帝都であった新京を取り戻し満州国は復活した。

満州国の領土[編集]

現在、満州国の領土は北は、ヤクーツク、南は平壌付近、西は大河、東はカムチャッカにまで勢力を伸ばしており今後、更なる領土拡張が望まれる。

現在、満州国は北朝鮮、ロシア連邦、支那貧民共和国と戦争状態である。(満州国ではこれを満州一年戦争と読んでいる)

国内の都市[編集]

知らない人は非国民と言われるくらい大都市であり満州国の首都である。
人口1800万人、新京にはダイA-や○キョウ等のスーパーも存在しており、交通機関では新京国際空港があり東京大阪名古屋福岡、などの大都市にも飛行機が飛んでいる。鉄道は全ての鉄道の終着駅であり南満州鉄道や山陽新幹線、山手線東京メトロ京浜東北線埼京線中央線等の私鉄JRに対応している。
日露戦争での激戦地であり、新京の副都心である奉天は南満州の政令指定都市として活躍している。
ハルビンは北部満州の中枢でありながら、ロシア軍の攻撃が今でも絶えず街には防空壕や対空砲、迎撃機、戦車などの武器がある。
いまだに2日に1回は空襲がありそのたびに迎撃して応戦しているという。
牡丹工とはロシアとの軍事境界線に程近く沿海州が近いため戦火が絶えない。ちなみに牡丹工は満州国で一番牡丹の出荷が多く工業都市でもある。この近くには、西満州工業地帯が存在しておりロシア軍は毎回、そこを狙って攻撃している。   

満州国の友好国[編集]

日本とは、大日本帝国が崩壊した後に、再建された国家である。表向きは満州国とはあまり仲が良い状態ではないが実際は日本は満州国と友好状態にある。
福岡市から約128MBほど離れたところに位置する宇美共和国(福岡市派)の反政府組織である。一応、独立国家でもある。政府の中枢であるティワタ総統は宇美の人民を毎日馬鹿にして田舎者のレッテルを貼って宇美を支配しているのである。一応、満州国も独立国家として承認している。

満州国の軍隊[編集]

満州国国防軍は陸軍、海軍、空軍の3つがある。
2010年時点で137400人で構成される。防衛に特化しているため、日本っぽい。
2015年時点で32000人で構成される。主力は、長春級駆逐艦で日本のはたがせ型護衛艦に似ている。
海軍の構成

駆逐艦3隻 フリゲート艦2隻 コルベット艦6隻 潜水艦12隻 練習艦1隻 給油艦2隻 監視艇8隻

2014年時点で6人で構成される。主力は、旧大日本帝国陸軍の二式戦闘機が2機あるだけ。

満州国の制度[編集]

旧満州国時は帝国主義を取っていたが、今は民主主義国家であり立憲君主制であり皇帝は議会には口出しは出来ない。しかし、御前会議や大本営は皇帝主権である。

満州国の交通機関と会社[編集]

首都新京に駅があり新京を中心に交通網が広まっている。満鉄は新京から東京まで蒸気新幹線で5時間という速さを誇っている。
首都新京と副都心奉天を通り遼東半島の旅順間で結ぶ路線。乗客は非常に多く新京まで1時間半である。
満州国の北の玄関口、ハルビンから蒙古の首都ウランバートルまで12時間で結ぶ夢の超特急である。しかし、スピードが遅くのろい。
新京からロシア連邦の首都モスクワまで152時間で結ぶ、これものろまな鉄道である。
西日本鉄道(西鉄帝国)とは、北部九州の鉄道、バスを独占している交通の帝王である。最近では、満州にまで支店を置いており満州の経済占領を行っている。現在、西鉄新京大牟田線を運行している、これは、新京から福岡天神を通り大牟田まで結ぶ路線で2時間で新京と大牟田を結んでいる。意外と速い。
新京国際空港は、福岡、広島、関空、中部、羽田、仙台、札幌を結ぶ国際線と、ハルビンやモスクワ、北京、平壌などの海外領土と国内を結ぶ安全な空港である

異様に多い国営会社[編集]

満州国は最近、中央の会社を国営化している。理由は、満州一年戦争の莫大な戦費調達である。今現在、満州国は戦費の20%を自国の予算で残りの80%の内30%を夕張市直属の夕張銀行から戦費を調達していたが、親元の夕張市が財政再建都市になったため満州国に融資することが不可能になった。その他、残りの50%は西日本鉄道株式会社からと日本銀行亀有銀行子ども銀行から融資してもらっている。満州国は戦費調達をもっと有利にするために会社を国営化して儲けたお金で戦費に当てようという考え方だ。

第満州銀行は満州国が国営で営業している銀行で、国民の2人に1人は口座を持っているという素晴らしい銀行である。資本金320円。
現在、Windows98を販売して儲かっているMicrosoft(マイクロソフト)とは瓜二つのまったく別の会社である。この会社は、パソコンのOS(オペレーティングシステム)を製造する会社で、現在最新のOSはWinbowsVistoで価格は、500円と格安のOSで他社の追随を許さない。ちなみに本社はボブくんの家の隣の角のたばこ屋さんを右に曲がって3つ目の信号を渡ってそこの自動販売機の隣に家があるブラウンさんの弟の友達のけんたくんの家のすぐそばの公園の草むらにりっぱなブルーシートを屋根にした子で、「僕は、社会見学で公園で生活して空き缶を拾っているだけであって実際に僕の生活はこんなんじゃない。」と入学当時から言い張るたくやくんの隣で同じくブルーシートで生活しているイマイさん(仮名)が以前勤めていた会社の同僚のノリスケくんが毎回、原稿を取りに行っているいささかさん(仮名)の隣に住むカツオくんが登校している学校の近くに住む外国人留学生のブラウンさんの家の近くの自動販売機の目の前の信号を渡って3つ目の信号がある所を右に曲がって角のタバコ屋さんの隣の家に住むボブくんがMicrosoft(ミクロソフト)の社長である。現在、国営会社でもある。
満州国で販売されている餃子は、全てこの会社の検閲を受けないといけない。農薬とか添加物が混入していると販売が認められない。