湯河原町

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「湯河原町」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「湯河原町」の項目を執筆しています。

湯河原町(ゆがわらまち)とは、神奈川県の西部に位置する自称相模の小京都。とはいえ、限りなく伊豆の端っこでもある。温泉と船越英一郎(湯河原出身)とジュウシマツ住職でそこそこ有名な町。隣接する真鶴町静岡県熱海市との関係もそこそこ深い。

夏目漱石ゆかりの地また、西村京太郎ゆかりの地でもある。

湯河原温泉[編集]

伊豆山中から湧き出て相模湾へとそそぐ千歳川は温泉の川である。あまりの膨大な湯量のために、温泉が川と化し、流域の川原どこででも温泉が楽しめることから、湯河原と呼ばれるようになった。「皮膚病、筋肉痛、リューマチ、神経痛、冷え性などに効能がある」と真面目ぶったことしか書いてないあんちくしょうには書かれているが、「※注 効能はその効果を万人に保証するものではない。」との注意書きも添えられている。そんな無茶苦茶な。

熱海市との関係[編集]

熱海市の泉地区は神奈川県境の千歳川をはさんで湯河原町と一体化しているが、この泉地区から熱海市街地(熱海駅)までは峠を挟むためかなり離れている。そのため、「歩けばすぐ着く」などと調子に乗って湯河原駅から熱海駅まで行こうとすると、国道135号で熱海峠を超えなくてはいけないためかなりキツい。熱海ビーチラインを通ればほとんど平坦なうえに相模湾を間近に眺めて快適である。ただし、真鶴道路(旧道)と違って歩行者通行不可なので、どうしても通りたいなら逮捕&車に撥ねられることを覚悟する必要がある。

みかん狩り[編集]

湯河原一帯では、みかん狩りと呼ばれるイベントが開催される。これは、まだ木についている状態のみかんたちを、次々にもいでいくという野蛮なものである。みかん狩りシーズンには、湯河原の山のあちこちでみかんたちの断末魔が聞こえてくる。しかも、それを一般開放しており、週末には笑顔でみかん狩りをおこなうカップルや家族連れまで現れる始末。児童教育の観点で問題があるだけでなく、動物愛護の観点からも疑問が叫ばれ、グリーンピースがみかん狩りテロを企画しているという噂も絶えない。
湯河原町は、みかん狩りのブラックなイメージを払拭しようと、特にみかん狩りがさかんな地区を通る道を「オレンジライン」と改称してイメージアップに躍起である。
狩られたみかんたちは、地下に建設された新幹線の駅から全国へと極秘に輸送されている。特に和歌山四国に・・・!うわっ何を・・くぁwせdrftgyふじこlp

交通[編集]

関連項目[編集]

この項目「湯河原町」は、執筆者自身は結構気に入っていますが、どう見てもクソの山です、本当にありがとうございました。ダチョウ倶楽部に訴えられないうちにとっとととりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)