温泉

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Onsen.JPG
ウィキペディアの専門家気取りたちや身長156cmHydeも「温泉」が大好きです。
Undictionary Logo Text.png
この記事「温泉」は何故かアンディクショナリーにも項目がありダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
たいていの温泉ではこのように リアルタイムで監視している
その映像をお届けしている監視カメラ

温泉(おんせん)とは、人類が地球に対して好き勝手することで地球が怒り、怒ったとき(火山噴火が代表的な例)の熱で地下水が温められることで湯が湧き出したり湯となっている状態のことを指す言葉である。その場所を示したり、その湯を用いた入浴施設も温泉といわれることが多く、とても曖昧日本語という一面を持っている。近年、CO2などを大量に排出して地球温暖化をすることにより以前に増して地球に対して好き勝手しており、そのため近年でも続々と温泉が発見されている。

どういうのが温泉か[編集]

温泉が出来るのには二種類ある。勝手に水が噴き出すか、人間が地底に杭を打ちつけて地球を刺激することにより水を出すかである。一般的には熱湯というイメージがあるが、そこの貴方は騙されている。日本では泉源における水温が摂氏25度以上か、温泉くらいにしか含まれない物質が出ていれば温泉なのである。(Wikipedia:温泉#温泉の定義を参照)

だから熱くなくても温泉である。東京の温泉は大半がそんなものなんだろう。知らないけど。

たまに、温泉地では腐った卵のようないわゆる硫黄のにおいがするが、それは硫化水素である。この硫化水素は家庭での製造方法も良く知られており、まず大量の検閲により削除

温泉を利用する理由[編集]

外人が見たら「こんな泥水に入って何になるのだろう?」という疑問が湧くに違いない。

欧州では温泉はあまりないので、主に医療行為のために利用してきたが、日本ではあまりにも温泉が多すぎるので現在は娯楽の一種となっている。もちろん湯治で利用する人もいるが。というかそれも温泉に入ったんだから良くなるだろうという思い込みうわなにをするやめr

で、何で娯楽で温泉を利用するか。家の風呂でもいい気がするが、重要なのは雰囲気空気である。温泉独特の雰囲気は家の風呂には無いものであり、「温泉」の二文字だけで日本人は満足するのである。草津温泉ではそこにつけこんで温泉といっておきながら入浴剤を利用していたことがあったが、結局のところ温泉だと思っていれば満足するので、ばれなければ問題ない。事実、誰も気付いていなかった。

↑と白骨温泉事件と混同している人も多く存在するが、事実は草津温泉ハップという入浴剤を混入したことが発覚したのは白骨温泉である。


要するに何故温泉を利用するのかだが、治療で利用する以外の理由は、なんとなくだろう。富士山のどこかいいかと聞かれて答えられないのと同じである。エベレストには遠く及ばず、角度もたいしてないペッタンコなあの山の何がいいのだろうか。それと同じである。

提供形態[編集]

温泉をどう提供するかについては、主に三種類ある。循環式掛け流し、そして足湯である。日本人は清潔好きなので掛け流しを好む傾向があるが、循環式はきちんと加熱消毒しており、何も問題無い。高級残飯料亭と同じで、重要なのは雰囲気である。源泉100パーセントかけ流し等のキャッチコピーなどは、「私たちは地球の水をろくに利用せずに捨てています」と言っているのと同じである。

また足湯は、近年ナウなヤングに流行りだした、着衣のままで「何とか足だけでも温泉につかって入った気分になろう」という、大変ケチ臭い入浴スタイルである。温泉で混浴といわれると、まず足湯である可能性が高く、何故かガッカリしたりする。

入浴方法[編集]

  1. お金を払って温泉へ。
  2. 衣服を脱いで籠に。間違っても異性の方に入らないように。混浴ならば元気になるだろう。いろいろと。
  3. とりあえず体を流す。洗いたければ洗え。
  4. 浴槽に飛び込む。他の客に迷惑にならないぎりぎりの豪快さで飛び込むのがよい。
    • 他の客がいないのなら暴れまわって遊ぶのも悪くない。
  5. のぼせて失神する寸前まで入っているのはよくない。10分くらいを目安に。
  6. 浴槽から出る。
  7. 体を洗う。3で洗った人はそのまま出る。
  8. 体を洗ったらまた入る。二度手間だけど気にしない
  9. 出る。浴槽から出て水で流す人が多くいるが、実は温泉の体にいい成分が流れていってしまうのでそういう意味ではやらないほうがよい。
  10. 体を拭いて服を着る。
  11. 終わり。

温泉を食品加工などに利用した例[編集]

  • 温泉卵 - 病弱なを温泉が入った浴槽にぶちこみ、死ぬ寸前で引き上げることによってとても美味しいたゆで卵になる。ちなみにおいしさは温泉の種類ではなくダシで決まる。
  • 温泉納豆 - よくわからない。ウィキペディアに書いてあったので、書いた本人に聞いて欲しい。
  • 温泉ラーメン - どこかの観光地にあった。多分温泉水を使ってるんだろう。普通の湯より旨いかどうかはお察しください
  • 温泉湯豆腐 - 温泉水で豆腐を炊いた湯豆腐である。豆腐の味がする。

様々な温泉[編集]

一口に温泉と言っても、様々な温泉がある。これはどうでもいいことなので、ウィキペディアでも参照してくれるとありがたい。残念ながらユアペディアにはまだ温泉の項目は無い。というか温泉なら日本人はなんでもいい。

最近の新たな利用方法[編集]

温泉でよく見る光景。
近年、温泉の新しい利用方法が発見され、注目されている。
便所として
温泉には沢山の水がある。茶色のあれとかを流すのにはとても都合が良い。多少散らかしても管理者が片付けてくれる。
プールとして
人がいなければ泳げる。あったかい。学校のプールよりも格段に快適である。主に子供に人気の利用方法。
アーン♥♥の場所として
近年、一つの部屋に一つ温泉が着いているという宿が増えている。ということはそこでいろいろできる。温泉なので気分も上々、元気もでる。肌もスベスベになる。一石二鳥である。

なぜ日本人は温泉好きか[編集]

日本人は、世界でも屈指の温泉マニア集団である。現在は修学旅行に取り入れたり、温泉にだけ行くツアーもあったり、電気が通っていないランプだけで頑張っている温泉もあるほどである。

日本人はなぜここまで温泉好きなのか。最もありえる理由としては、温泉は怪我や病気に驚異的な効能があるありがたい聖地であったということだろうか。昔は医療技術などまったく発達していなかったことから日本人の間で温泉に入ればどうにかなるかもしれないという考えが広まったのだろう。その後、温泉は治療としての使われ方はあまりしなくなったが、何故か娯楽として残った。ほんと、なんでだろうね。実は日本人のDNAがそういう風にさせるのかもしれない。

他にあげるとすれば、温泉には様々なものがあるという点だろう。鉄道教が鉄道好きなのも、様々な種類の車両があるというのがあるだろう。それと同じかもしれない。

結局のところ、理由は先述の通り雰囲気や空気だろう。よくわからないのでお察し下さい

NRVに対して[編集]

温泉は何にでも効くならば、温泉にどうしようもない記事を漬ければ改善されるかもしれない。と思うが、記事はとっくの昔から電子化されているので不可能である。頭の狂った執筆者を温泉に行かせて、落ち着かせれば記事は改善されるかもしれないが、アンサイクロペディアにそんな金はない。自費で行け。

著名な温泉[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


この項目「温泉」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)