渡辺直人

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「渡辺直人」の項目を執筆しています。

渡辺 直人(わたなべ なおと、1980年10月15日‐)とは、仙台が本拠地である東北のチームに所属するクズである。ポジションは遊撃手だが、プードルの横浜高校補正やら生え抜き補正やら社長の愛人枠の為にセカンドコンバート。

人物[編集]

茨城県に生まれ、高校大学は無名だったが社会人時代に才能が開花。ところが、親会社の不祥事により野球部の活動が停止されてしまい、ドラフト適齢期を逃してしまうが、野球部謹慎が解かれると都市対抗で優勝し、ショートの即戦力のレギュラーを求めていた楽天に入団する。ツンデレのジジィに魅入られ、始めは代走や守備固めからだったが、序所にレギュラーの座を掴んでいく。一時は新人王候補にもなったが同期のまさおに奪われる。2008年にチームトップの34盗塁したり、2009年にはCS出場にも貢献するが、2010年のオフにガムヲのショートレギュラー固定により3年連続90敗の球団のお荷物球団へ金銭トレード。契約更改ではチームメート数人泣き出したり、ベテランのジャーマンが苦言を呈したりする程度のクズである。2

エピソード[編集]

  • 常にニヤニヤしてる。打席で凡退してもベンチにいても。趣味は人間観察とかいうクズである。
  • 2008年は死球22個。インコースにボールが投げてきても避けようとしない。やっぱりクズである。
  • 1番2番を打ってるリードオフマンのはずなのだがバントが下手というクズである。
  • 持ち味はファールで粘ってから四球で出ること。「四球もヒットも塁に出ることと同じ」というのが彼の持論。チームの為ならなんでもする程度のクズである。
  • 小坂ゾーンの使い手が移籍してきたおかげか、失策も減った。しかし、魔送球が多いクズである。移籍した後は少し減ったけど。
  • 小物と仲良し。師匠と慕われる程度のクズである。
  • 2011年の交流戦オールスター古巣のホームに凱旋、熱い歓声を受けた。しかし、Kスタのオールスターでうなぎ犬が9回表にヒットで出てわざわざ最後のバッターになってあげたのに凡退。なんか敢闘賞とか貰ってたし。良いところはちゃっかり持っていくクズである。

関連項目[編集]