渋谷区

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
会議中。

渋谷区(しぶたにく)とは東京の地名。東京23区の行政区のひとつ。ホモレズ聖地として知られている。

概要[編集]

皇居を中心として東京の地図を見ると、秋葉原と反対の方向に存在する。若者の街という割には若くない人もいる。中高年の暇人も多く見られる。原始人の面影を強く残す「ギャル」「ギャル男」が集まりコミュニティーを形成している。そして東急が支配する街。街の中心には女子高生とコギャルと腐女子の聖地である10000009と呼ばれる、東急が延べ10万人の奴隷を酷使して建造した古墳がみられる。しかし西武の進出で、それと激しいガチンコ競争になった。秋葉原を2次元の聖地とするならば、渋谷は3次元の聖地といえるだろう。

地理[編集]

渋谷の駅はいろいろな路線が散在するので、乗り換えする際にはしっかりと熟知しないととんでもないことになる。JR地下鉄、それに東急や京王、挙句の果てにはロープウェーなどもあって大変である。

渋谷の西は非常に賑わいを催しているが、東側は少し行くと、渋谷の賑わいややや寂しい感じがする。

南西部には南平台町という閑静な高級住宅地があるが、2012年に起こった某芸能人のスキャンダルによる取材合戦が起こり、地価が激減されてしまった。

秘密[編集]

シブヤン海。戦艦武蔵がどっかに沈んでいるらしい

この街を訪れるものは、必ず駅前にある犬の銅像の前で拝礼をしなければならない。この犬は、渋谷の知名度を全国区へ伸し上げたことで有名なハチ大公閣下である。たまに像の上に乗る輩がいるが、その後、秘密裏に抹殺されるので気をつけるべし。

夜になると路上でひそかに麻薬が取引されており、渋谷は日本の北朝鮮だとも評されている。

アニメオタクには入りがたいヤングの街の領域とされるが、西口から南に向かうと、アニメイトがあり、グッツ専門店、漫画専門店の二つがある。よく、アニメイトの出入り口の近くには学生がいるので、アニメオタクは入りにくい。さらに西口から北西にはまんだらけもあるが、これも後述のカラーギャングが跋扈する地域を通るためやはりアニメオタクは入りにくい。

近年は、道玄坂の均衡では「援助交際」や(カラーギャング達による)「婦女暴行」が横行している通報が多発しているのか、(地域住人をはじめ)東京都の全域では「警戒宣言」が出されているのが現状である。 (または、そこの地域への観光客に対する「警戒呼びかけ」も発動中)

歴史[編集]

ハチ大公閣下は政府の指令により、都から治安が悪化していた武蔵国の警備を任された。ハチ大公閣下は麻薬の売人やならず者や不法移民及びその他の犯罪者を、のべ三万人も噛み殺すという手柄を立て、このあたりを領土として与えられた。ハチ大公閣下の武勇伝『パトラッシュよりイケてる俺』には「犯罪者は生活が不摂生であったので、噛んでも美味しくなかった。渋い味がした」と書かれている。これが由来で「渋い谷」と名付けられた。しかしハチ大公閣下の死去後、再び麻薬が蔓延をするようになっていて、問題になっている。また、家出をしてきたお年頃の子どもたちはハチ大公閣下に中指をつきたてることもあり、近年、渋谷において不敬罪で逮捕される若者が増えてきている。

また近年、渋谷区恐妻家組合という組織が存在し、世のダメ夫たちに「俺より下の奴がいるじゃん」と主宰のムトーへの温かい禿げ増しが多い。

原子力発電所[編集]

渋谷エッグマンの報道

渋谷エッグマンなる秘密原子力発電所が運用されていることが海外報道機関によって2011年に暴露された。 発電量は一日あたり、1.21ジゴワットである。

補足[編集]

ちなみに渋谷は地名でも人名でも東日本では西日本ではたにと読むことが多いがここみたいに例外がある。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「渋谷区」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「渋谷区」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「渋谷区」の項目を執筆しています。
Hiyoko.jpg この項目「渋谷区」は書きかけだよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってなら、してみやがってください。お願いしましたよ。 (Portal:スタブ)