清浦奎吾

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「清浦奎吾」の項目を執筆しています。

清浦奎吾(きようら けいご、嘉永3年2月14日(1850年3月27日)生 - 昭和17年(1942年)11月5日没)とは、大日本帝国ウナギ大臣である。

生涯[編集]

幼少期[編集]

肥後国鹿本郡来民村(現:山鹿市)にある明照寺の住職・大久保了思(おおくぼ りょうし)の五男坊として生まれた(幼名は普寂(ふじゃく))が、聖職者としての対面上何かと不都合があった関係で清浦家へ養子に出された。清浦家が選ばれた理由は当時寺に借金をしており、それを免除してやる代わりに子どもを引き取らされたのであった。仕方なしではあったものの清浦家ではそれなりに可愛がられ、それなりに利発であったことから慶応元年(1865年)に咸宜園(かんぎえん)へ口減らし書生として出され、広瀬淡窓(ひろせ たんそう)に師事したのであった。

青年期[編集]

その後、咸宜園の先輩であった野村盛秀(のむら もりひで)が埼玉県令に就任したので、そのコネを頼りに上京した奎吾(すでに元服し、初体験も済ませていた)は明治6年(1873年)に埼玉県14等出仕に任ぜられた。これを出世の手がかりとして、明治9年(1876年)にはつまらない不祥事で失脚しかけた野村を見捨てて司法省へと転職して検事や太政官を歴任、さらにキャリアアップするために内務省へ潜り込んでちゃっかり小書記官や参事院議官補の座に収まり、こうした巧みな世渡りが当時内務卿であった山縣有朋(やまがた ありとも)の目に留まったのが更なる幸運の始まりである。

大躍進[編集]

当時長州閥は天下二分(残り半分は薩摩閥)を自負しており、夭折したカリスマ指導者・高杉晋作(たかすぎ しんさく)の後継者として名高い山縣のお気に入りとなれば人生半分勝ったも同然、奎吾は明治17年(1884年)、内務省警察保安局長に任ぜられた。名実ともに大日本帝国の警察権を掌握する権威と権力を手にした彼がどのように辣腕を振るったかは言うまでもない

政界へ[編集]

こうして山縣の七光りで明治25年(1892年)、第二次伊藤内閣において山縣が司法大臣に就任すると、その懐刀として司法次官に任ぜられ、政界に地歩を固めた。その後第二次松方内閣、第二次山縣内閣および第一次桂内閣の下で司法大臣を歴任、文字通り位大臣を極めたかと思いきや、その権勢は衰えを見せるどころか彼の欲望と共にどんどん膨張していくのであった。

貴族に[編集]

いくら出世しても所詮は田舎の山猿(容姿的にも)でしかなかったことにコンプレックスを抱き続けていた奎吾は明治24年(1891年)、長年の気配り根回しが実を結んで貴族院議員に任じられ、ついに憧れの貴族になる夢が叶ったのであった。中身なんてどうでもいい、外見と肩書きさえあれば人とカネはホイホイついて来ることなど、肌で知っていたのである。かくしてめでたく特権階級の座を手に入れた彼は早速「研究会」という名の貴族閥を形成、自身は裏方に回りつつ巧みに有力者の支持をとりつけ、自分の地位を磐石たるものとして行ったのである。

鰻丼内閣[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鰻香内閣」の項目を執筆しています。

大正3年(1914年)、シーメンス事件のドサクサに乗じて第一次山本政権から政権をふんだくった奎吾(実はシーメンス事件そのものが彼の陰謀であるとも言われている)は組閣の大命を受けたものの、海軍との折り合いがつかないまま時間切れとなってしまい、海軍大臣を得られず組閣は失敗、そのショックから立ち直る前に目の前の鰻丼からウナギ野良猫に奪われてしまった(その報せを受けたのが、どうやら食事時だったらしい)事から、世の人はこれを「鰻丼内閣」と呼んで嘲り笑った。特権階級の失敗は、いつの世でも笑いのネタなのである。

捲土凋落[編集]

その後大正12年(1923年)に虎ノ門事件のドサ以下略(もうここまで来ると偶然ではなかろう)によって第二次山本内閣から再び政権をふんだくった奎吾は、すでに後ろ盾となる山縣を昨対象11年(1922年)に亡くしているため排水の陣で組閣に臨んだのはよかったが、あまりに万全を期したためか、内閣閣僚のほぼ全員を貴族院議員のみ(しかも「研究会」の会員ばかり)で固めた。これをブルジョワ主義として激しく反発した護憲三派(衆議院の政友会、憲政会、革新倶楽部)を始めとする日本民主主義化勢力によってデモや暴動が巻き起こって社会は大混乱、組閣から5ヶ月で総辞職の憂き目を見ることとなったのであった。

余生[編集]

人生、ぬらりと生きてひょんと死ぬ。そんなものじゃあないのかね。

その後も重臣として列せられることで辛うじて貴族としての体面を保つことだけは許された奎吾は、新聞協会会長などの有名無実な肩書きの収拾に没頭し、昭和16年(1941年)の重臣会議に出席して東條英機に対して訓示を垂れたのを最後に、ようやく政治活動から足を洗った途端に痴呆が始まり、昭和17年(1942年)11月5日に92歳の天寿を全うしたのであった。


人物像[編集]

貴族、貴族とこだわるばかりに「奇賊」とまで言われた。後年、ファーザー福田が総理大臣になった時は「昔の清浦っていう鰻丼好きが福田総理に似ている」と言われた。しかし事実は違う。なぜなら赳夫の方が後で生まれているのに、先に生まれた清浦が福田に似ていると言われているのだ。これを本人が聞いたら、痴呆が始まった頃の彼でもカンカンになっていたに違いない。

なお、子孫が歌手をやっているが、誰も気にしない


総評[編集]

うなぎのようにぬらりくらりと政界を泳ぎ渡り、指の間からぬるりと滑り落ちるような人生であった。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]