清水隆行

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
この記事は左に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。

清水 隆行(しみず たかゆき, 1973年10月23日 - )は、読売ジャイアンツに所属していた実在するプロ野球選手であった。2009年現役を引退。実際はチーム内からあらゆる嫌がらせを受けてもなおも読売ジャイアンツと現役に固執する野球バカであった。主に左翼を守っているが…

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「清水隆行」の項目を執筆しています。

概要[編集]

そのバッティングセンスは一級品で、誰もが認めるプレーヤーである。彼の弾丸ライナーは観客が逃げ出すほどすさまじいものであったと言われる。読売ジャイアンツファンにとっては彼の浮沈が優勝に直結する、というのが統一見解である。しかし、それはファンや他チームの選手たちの評価であり、チーム内の評価は全く違う。彼はチームに入団した当初から、不当なまでの低評価をチーム内で受けており、壮絶なイジメにあっていた

どんな好成績を残しても完全にレギュラーに定着できずに、故障や偏見、他の選手との兼ね合いで毎年のようにレギュラーを剥奪されるという、何のために野球してるのか分からないような扱いを受けているのに、何があっても読売ジャイアンツを出て行こうとせず、桑田みたいになにか読売ジャイアンツに負い目があるのかというくらい気丈に頑張っている。野村何とかしてやれよ。傍から見てると泣ける…

読売ジャイアンツがそのチーム構成の方針により、様々な外部の一流選手の拉致を次々に行うがために、そのあおりを常に受け続ける選手の一人であった。

2009年現在は、埼玉西武ライオンズに所属。

来歴[編集]

1995年のドラフト3位で東洋大学から読売ジャイアンツに入団する。入団当初から素晴らしいバッティングセンスを見せつけ、当時の監督の某ミスターに2番に抜擢されるが、極端な偏見を持った監督(左右病と呼ばれる根拠の無い野球人特有の常識、張本勲はこれをそんな常識を作ったやつが非常識と、完全に否定している)であったため、ひたすら左投手になると使われなかった。

その後も拉致選手や、二岡智宏・元木大介などの壁に阻まれたが、清水の選手としての大きな特徴にとてつもなく守備が悪いというところもあり、清水を使うくらいなら「せっかくだから、俺はこいつらを使うぜ」という感じで、どうしてもその壁を乗り越えられなかった。

2002年、やっとまともな評価と話をしてくれる原監督が就任し、191本の安打(シーズン最多安打賞を獲得)を放つなど、ベストナインに選ばれるほどの活躍をする。このときが一番幸せであった。

2003年、日本史上最強打者に登り詰めた松井秀喜がメジャーリーグへ行ったのを受けて、中堅手として練習したはいいが、異常なまでのスローイングの悪さがさらに目立つことになり、さらに故障までし、原監督がちょっと順位が下がったくらいでクビなど、前年のゆり戻しのように踏んだり蹴ったりの一年であった。

2004年、監督になった堀内恒夫には、原とは逆にボコボコのくそみそにイジメまくられた。原がいたときに結果を残し始めた斉藤宜之にwktk宣言を出し、清水は出番が欲しけりゃ一塁の練習しろと言われ、渋々従った。しかし、結局斉藤の故障もあり、元のポジションに復帰、プロ入り2番目にいい成績を残した。

2005年、いい加減レギュラーになれないとおかしい状況で、またわけの分からん編成でセンターラインの強化だといってゲーブ・キャプラーを獲得してきやがったから泣きそうになる。前年の斉藤の失敗の挽回をしてもらった恩も忘れて、堀内は清水は出番が欲しけりゃ今度こそもっと頑張って一塁の練習しろとぬけぬけとほざきやがった。しかも打つだけなら超一流の選手のそろった読売ジャイアンツだから代打に回されてホントどうしようである。さらにムカつくのはキャプラーが守備はヘタクソ、打撃は相手のチームが一安心するくらいのとんでもない役立たずで、途中でとっとと帰って「金につられて日本なんかに行かなければ良かった」なんて言いやがったんだから、もう辛抱たまらん。結局、5月に左翼手に復帰して、その後、西口文也ノーヒットノーランを9回2死で空気を読まずに本塁打として阻止するなど文句のつけようの無い成績を残している。その空気を読まない力が評価されそのころから獅子に声をかけられていた。最終的に、堀内はチームを無駄にかき乱した責任を取って、読売ジャイアンツの指揮官として最低の成績を残し退任した。

2006年、ついに原監督が帰ってきてくれて、「清水が一番打てるんだ」といってレギュラーにしてくれたが、スローイングの矯正が打撃に影響を与えたのか、謎の打撃不振に陥りそこから抜け出せず7月に2軍落ち。高橋由伸の中堅→左翼コンバートにより、右翼や中堅にまわされるなどさんざんであった。プロ入り以来最低の成績に終わる。

背水の年となる2007年は復活が期待されていたが、手術の影響もあり後半戦でようやく復帰。限られた出番しか無いにもかかわらず、8月4日に待望の1号逆転ホームランを放ってヒーローになったり、4割以上の得点圏打率を残している。10月2日には優勝を決めるサヨナラヒットを放った。その後のビールかけでは「苦しかったけど良かった」とドM発言も飛び出した。

2008年のプロ野球が開幕したが、今年もラミレスなど拉致選手の陰に隠れて出場の機会すら与えてもらえない。おまけにそのラミレスは守備が清水より悪いが、巨人の中では唯一まともに打っている選手なのでレギュラー奪取は困難な状況である。いよいよ、巨人を飛び出す時期が来たのではないだろうか…

2007年12月24日のシーズンオフにラジオ番組にゲスト出演した際、移籍に関して、「プロ野球選手として必要とされて、望まれてプレーしたいと考える時期もあった」と述べている。

2009年4年越しが実り埼玉の獅子になったが、余力は残されてなく、その年現役を引退した。

清水隆行、その悲しき野球人生[編集]

なんか、来歴でだいぶ語ったように見えるけど、まだこんなにひどい話があるんだぜ。

左右病患者による不当弾圧[編集]

前述の通り、某ミスターは、左投手が投げるときは清水を徹底的に下げていた。しかし、数少ない左投手との対戦ではむしろ右打者相手よりも打っている年もあり、データ的には苦手などと間違っても言えない好打者にも関わらず独善的な決定で起用されていたことが良く分かる。この件については、後述する事件で監督本人が全国放送の野球中継中に失言、自分で証明していた。

日テレ中継失言事件[編集]

某ミスターが監督を退いた後、日テレの当時はドル箱番組だった巨人戦中継の最中、清水がバッターボックスに入ったときのこと。相手の投手は左投手であったが、この年の清水は左投手に対して好調であり、右投手より3分ほど打率が高かった。そのため、左投手に対しても積極的に使われていた。ちょうど得点のチャンスであるため、アナウンサーも盛り上がって来た所で、某ミスターに話を振ったところ、「清水君は左投手は得意ですからねぇ。ここは打ちますよ~」と返した。監督をしていたときは最後まで清水を左投手では下げていたくせに、解説になってこのような発言をしたことから、お前はまじめに選手を見ていたのかとミスター信奉者と読売オタ以外からひんしゅくをかった。

驚愕の肩書き[編集]

清水は2007年8月現在、なんと読売ジャイアンツの生え抜きの野手では最高齢である。33歳でだよ?清水が抜けたらもっと下がるんだよこの年齢。おかしいだろ…常識的に考えて

読売ジャイアンツと関係者への憎しみ[編集]

  • ここまでひどいことをされても清水は読売ジャイアンツから出て行こうとしないため、ドMなのか、自分の人生で何らかのやりこみをしているのか、ファンからすると本当に分からない部分があったのだが、ついにその本音が暴かれた。
  • 2007年8月4日、巨人-ヤクルト戦で2番左翼としてスタメン出場した清水は6回に逆転1号3ランを放ち、この試合のヒーローとなった。翌日の新聞で中央ぶち抜きで取り上げられたが、その記事の中で一軍と二軍を行ったり来たりしている現状に対して、このような発言をしたと書かれている。
  • 「不平や不満を持っていたり、誰かを憎んだりしたまま、現役生活を終わるのは嫌なんですよ。そういう意味では今は、全てを受け入れている。だから、いつやめたって、いいのかもしれない。」
  • 注意して欲しいのだが、これは2007年8月5日読売新聞朝刊のスポーツ面に載っていた発言である。親会社の新聞に、ここまではっきりこのような発言が取り上げられるということは、よほどチーム内から凄惨な扱いを受けていたことが容易に想像できる。
  • この発言の何割かはおそらく堀内政権時代のことだと思われる。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
ExSport.png この項目「清水隆行」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)