清水愛

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

清水 愛(しみず あい、1981年3月26日 - )は、女性人気声優である中原麻衣の恋人の名前。

…と同時に、『レギュラーのないシーズンがままある』『二の腕が異様に逞しい』『黒いものを吐く』などの点から異論を唱える人が無いでもないが、自身も人気女性声優の一人である。なお、当初は痴女らと同じく同性愛に寛容な801プロデュースに所属していたが、現在は訳あって3倍の男管轄の俳協所属となっている。

概略[編集]

清水と中原の仲が良い事は割とよく知られているものの、特に気にかけない一般層には普通に仲の良い女友達同士と映りがちだが、ガチなのは舞台裏で思いっきり抱き合っている所をイベント関係者にフォーカスされた写真がWebに晒されているのを見ても解る通り明白である。

2006年の共演作、アニメ「ストロベリーパニック」で、自身が慕う中原麻衣の演じる女生徒に恋する女の子の役を演じた際、清水がどこまでが演技でどこからが素かと言われた迫真の演技を見せていた事は記憶に新しい。但し、コレに不満を感じた御仁らの暗躍があったのか、最終回であの様な結果になった事はタブーとされている。恐らく、当作品に出演していない同業者の差し金であろう。

所属[編集]

女性声優としての清水愛と中原麻衣は、同い年で血液型や洗濯機もお揃い、そして、それぞれ数年の芸歴の中で半端ではない数の共演作を持ち、その内の何作かではデュエットでテーマ曲を歌う、など、一般にはコンビとしてデビューし、また売り出されていると思われがちだが、がちなのは同性愛関係にある事くらいで、出自からデビューに至る経歴、デビュー後そして現在所属し声優業のマネージメントを依頼している事務所に至るまで、全く接点の無い、あくまで他の組織に所属する他人と他人の関係である。

デュオでCDをリリースするくらいであるから、二人それぞれの音楽活動をマネージメントするレコード会社くらいは同じだろう、と思われがちでもあるが、がちなのは地上波ラジオでお互いに大好きと言い合った事が何度かあるくらいのもので、メロゥヘッド(清水)ランティス(中原)の両社は確かにスタッフの重複こそ認められるものの、ライバル関係にあるそれぞれの販売元から商品を流通させる別個の会社として運営されている別組織である。

愛の結晶[編集]

二人は、自身が主題歌を歌ったアニメ「ストロベリーパニック」のPVの中で一度だけ、声優PVとしては例のないキスシーンを披露して時の人となった、と一般には思われがちであるが、がちなのは抱き合っているところを先輩声優に何度も目撃されてラジオやイベントでばらされた事くらいのもので、二人が撮影に臨んだキスシーンの数は、3本のPVとスチール写真、そのNGテイクやリハーサルを含めると一般ファンの知る事が出来る範囲だけでも二桁の大台に近付く。

中でも圧巻なのは、わずかにずらした撮影用のキスとして始めていながら、うっかり唇を合わせにいってしまい、照れ笑いをしながら倒れ込んでしまう清水愛と、唇を本当に触れ合わせた所を思いがけずスタッフに見られひきつった声を出す中原麻衣の様子が見て取れる、あるDVDの映像特典として収録されたメイキング映像であろう。

これらPVにおけるキスシーンはあくまで演出家の指示による演出である、と一般には考えられがちだが、がちなのはネットラジオで互いの萌えポイントを問われ「肌」「胸」と答えていた程度のものであり、明らかにPV本番で用いられた演出と異なるおどけた調子で額に唇を触れさせ、離れるや否や、いま口付けたばかりの相手の表情をうっとりとした顔でのぞき込む姿は、その行為に特別な意味があるか、あるいはそれがもう特別なものですらなくなっている二人の間柄を示す証拠ではないかという研究がある。

仲良きことはよきかな、かな。

元カノ[編集]

かな、と言えば、声優の植田佳奈は、かつて中原麻衣の恋人と目されていた人物で、事務所が同じで年齢の近い四人で編成されていた声優ユニットみっくすJUICEの黒く輝くその歴史の中で、共に赤いジャージ姿で抱き合って転がる姿などが見られていたが、ある時期を境にこの関係は影を潜める事になる。

その局面に登場していた人物こそが、何を隠そう、共演者として別事務所から合流していた清水愛その人であるが、しかしながら、どろどろの愛憎劇が繰り広げられていた訳では無いらしく、植田佳奈が多少距離を置く形をとり、三人で食事に出るなど少なくとも外見上は良好な関係を維持していたと伝えられる。

りょうこーな、と言えば、やはり同じ年齢で声優をしている新谷良子は、清水愛と共通の専門学校過程を経て、初めて所属した事務所も同じという経歴の持ち主で、現在でも清水愛の事を呼び捨てで呼ぶ数少ない近しい人物である。

かつて、清水の抱き合う相手はもっぱら新谷良子であり、部屋に泊まりにいくと抱き合って一緒に寝るといった真実がまるで噂であるかのように語られていたが、このカップリングにおける抱擁も近年ではやはり目撃例が無くなっている。

してみると、清水愛と中原麻衣は、それぞれ抱き合っていた相手との関係を清算した上で固く抱き合っていた事になり、そこがまたガチ臭いと言われる所以である。

なお、2009年4月から半年にわたって放送されたTVアニメ『咲-Saki-』では、件の4人が共演することになった。特に中原麻衣の出演は、堀江由衣の役変更[1]がなければあり得なかっただけに、因果めいたものがあると言えよう。

派閥抗争史[編集]

この様に、百合営業での中心的存在として知られる清水であるが、コレが激しい嫉妬を呼んだのかとある宗教団体ではキラブリッジ大佐と共にブラックリスト・ツートップと言う危機的状況を呼ぶ結果となった。この事態を解消すべく、面識のある井上喜久子笹島かほるに協力を仰いでいるものの、川澄綾子ら反対勢力の存在は如何ともし難かった様で、井上と同格の影響力を持つ大原さやか所属の俳協移籍の元凶になったのは有名な話である。

近況[編集]

某魔砲少女番組ではレギュラー出演期間がものの見事にすれ違いになるなど、共演作やユニット活動が途切れて久しい現在だが、雑誌のインタビューには「プライベートでライブや芝居を見に行くなど一緒に過ごす時間は長い」と答えており、また実際に劇場で仲睦まじく寄り添い観劇する姿が何度か目撃されている。

現在、清水はアニメの仕事を減らし舞台に挑戦中で、一方、中原もTVドラマにゲスト出演するなど、それぞれ本来のフィールドを離れた所で演技力を試す活動を行っているが、これは最終的には、ラスト・フレンズやLの世界などで市民権を得始めた同性愛ドラマに進出する意図と見られる。

全国のお茶の間に再び二人が美しい大輪の百合を咲かせるのも時間の問題であろう。

なお、2009年9月に行われた大型野外アニソンライブ「ランティス祭り」にて、久々に両者が揃って出演。さすがにキスまではいかなかったものの、公衆の面前で百合ん百合んぶりが健在であることを示したそう。

プロレス[編集]

  • この鍛え抜かれた二の腕の筋肉に注目
    二の腕がとても太く、かなりの怪力を持つと言われている。ファンクラブのイベントの最中に盛り上がった上腕二頭筋を見せたら、大半のファンが引いてしまったが、残るごく一部のマニアはその筋肉を見て性的劣情を抱いてしまったと言われている。
  • 未確認情報だが、満員電車の中で痴漢に襲われた際に自慢の極太の腕で至近距離からクローズラインを食らわせた上にスリーパーホールドで10秒で締め落とし、周囲の乗客たちを震撼させた。
  • 2013年12月1日には北九州市でプロレスデビューし、フライングボディプレスで初勝利を決めた。翌2014年4月7日に新宿に凱旋している。

その他[編集]

  • ある番組に出演した時に脱ぎたての下着の臭いが好きと言って司会者を驚かせた。ニオイフェチの気がある。
  • 種類について詳しく、若者の車離れに対して警鐘を鳴らしている。
  • アニスパ!」に一緒にゲスト出演した中原麻衣に養成所時代は今よりも肥満気味だった事を暴露された。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「清水愛」の項目を執筆しています。

脚注[編集]

  1. ^ 中原が演じた宮永照は、先行してリリースされたCDドラマでは堀江が演じていた。