清水市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「清水市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「清水市」の項目を執筆しています。

清水市(しみずし)は、静岡県の都市の一つ。市民はことごとくやくざちびまる子ちゃんを崇拝している。

概要[編集]

清水は任侠の地であるといわれるが、群馬県広島県ほどではない。清水港は日本三大美港の一つだが、他の二つの神戸港や長崎港と比べるとその知名度は格段に劣るのは否めない。

現在は合併により、静岡市の一部となっている。詳しくは「清水区」を参照。

羽衣伝説[編集]

住民たちは冒険心と気概に溢れており、過去には三保の松原に「天女」という異種生命体が来臨した際には積極的に文明接触を図ったばかりか、異種交配にも挑戦、混血児を残すことに成功しており、現在清水に住む住民は、いずれも彼らの末裔である。

名物[編集]

行政[編集]

不動産事業[編集]

始めに書いたように、任侠の土地柄であることから、市長となるものは男気の溢れる者が多い…のだが。

平成期に市長を務めた宮城島某は、市民が金に窮すると二足三文の土地を公用地として高く買い上げて市民から喜ばれた。しかも、その土地の利用方法について部下が「ここは法律上○○はできません」と答えようものなら、その答えは「そんなことは聞いていない。やれと言っている。」というまことに豪胆なものであった。多くの未利用(利用不可)土地を買い集め「宮城島不動産」と呼ばれたが、市政の私物化で財政危機に陥って終った。

歴史[編集]

静清合併[編集]

そこに現れた救いの神が隣市の静岡市長であった。政令指定病患者の静岡市長は、合併特例法(平成の大合併)を利用し、清水市に合併を持ちかけた。ボンボン市長からの申し出に対し、見え見えの下心に付け込み、自痴官僚出身の県知事の政治力で、対等合併に持ち込むことに成功する。多数決によって名前は失ったものの、不良債権は全て旧静岡市が面倒見てくれることになった。

当初、新市名は「せいしん市」となる予定だったが、鈴与や静岡第一テレビが遺憾の意を表明し、旧JR清水駅構内でのエスパルスの偽グッズ販売問題に発展した。

しかし、今川義元以来の公家根性が強い駿府っ子は、旧清水市のことには無関心で、観光面でも清水は冷遇されているままである。清水と静岡の共通点なんぞ、今川武田組で、「海道一の○○」のお膝元で、織田信長の地盤だった愛知県と険悪である事ぐらいである。それに、清水と静岡に限らず、同規模の隣町は個性が強くて仲が悪いと、相場が決まっている。神奈川県川崎横浜、愛知県の名古屋清須滋賀県長浜彦根など、その最たる者である。

宣伝力も、静岡市より清水市の方が圧倒的に上である。このため、近い将来には、清水市は分離独立する腹積もりである。

関連項目[編集]


この項目「清水市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)