清水宗治

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「清水宗治」の項目を執筆しています。

清水 宗治(しみず むねはる、1537年1582年6月4日)は、戦国時代サムライ岡山県総社市在住。根っからの地元民であり、あの大洪水に見舞われた備中高松城城主である。そしてあの名高きエクストリーム・切腹日本代表の一人でもある。綽名は長左衛門、またはむねにゃん

略歴・背景[編集]

天文6年(1537年)、備中国の清水村(今の岡山県総社市)百姓村長の家に生まれた。産湯に漬かった時にたまたま目の前にの置物が置かれており、後に宗治と名付けられた赤ん坊は「ムキーー!!」と憎悪を込めて睨み付けたと言う…。ちなみにその近所に中原村があったとかなかったとか…(しかし総社市には「中原」と言う地名がある)。

ここの清水さん家は別に源氏・平氏どちらの出自ではなく、元々この村に土着していた生粋の地元民である。そんな出自の人間だから、たいして出世していたわけではないはずなのだが、どういう訳か備中高松城主をしていたのである。詳しい理由はお察しください

備中兵乱[編集]

ちなみに宗治が生まれた時は毛利もそんなに強かったわけじゃなく、尼子氏の勢力も絶頂の時代だったが、とりあえず宗治が大人になった時には三村氏にへいこらしていたようだ。

で、毛利が大内と尼子をぶっ飛ばして中国地方のボスになる頃には、備中兵乱とか言う芋煮会が開かれており、毛利輝元あの腐れ外道・宇喜多直家が手を携え、殿様である三村元親フルボッコにしてしまう事件が起きた。しかし、この時宗治はちゃっかり毛利に揉み手をして小早川隆景の家来にしてもらっていたのである。普通なら近隣のサムライからフルボッコにされても文句が言えない立場なのだが、この時は元親とごく一部の忠臣以外は、全員毛利に味方したため事なきを得た。

露天風呂!?備中高松城[編集]

こうして毛利に囲われて、お家の安泰を得た宗治だったが、むしろここからが不幸の始まりでもあった。天文10年(1582年)、織田信長が差し向けたあの怨敵猿野郎が高松城に攻めて来たからである。なまじ武勇に優れて二の腕が強靭だった宗治は篭城を決意。「猿の分際で人間様の家に攻めてくんなヴォケ!!」と言い放って善戦したと言う。さすがの秀吉も泥臭い城を攻めるのが面倒なので力攻めの無益を悟って、黒田官兵衛の入れ知恵により、高松城の周りに堤防を長々と作り、そこへ川の水を流し込んでしまったのである。こうして高松城そのものが巨大な露天風呂になってしまい、宗治および将兵は「わ~いプールじゃプールじゃぁ!!」と喜んだ。しかし、彼らは大切な事をたくさん忘れていた。更衣室がない。しかもこの露天風呂、冷たいぞ。そして一旦漬かったが最後「出る事が出来ない」のである。

「俺達は魚じゃねぇ!!」と抗議したがもう遅い。宗治はともかく家来共が水に漬かりすぎてふやけてしまったのである。一方、秀吉方でも一大事が起きていたのだが、水に放り込まれた宗治たちにとっては生死がかかっておりそれどころではない。そんなところへ秀吉は宗治に助け舟を差し出した。ただし「宗治、お前は切腹な」と猿はにっこり笑って言った。

エクストリーム切腹[編集]

「我一つの命など…惜しくは…ない…
 ぐふっ…!」

こんな風にして、宗治は切腹したのである。

後年秀吉は小早川隆景に「宗治は本物のサムライぢゃった。正直スマンカッタ」とこぼしたと言う。子孫は代々毛利氏に仕え、中には攘夷志士も出したことがあったそうな。あるいは子孫のごく一部は江戸に移住し百合娘になったかもしれない(注:アンサイクロぺディアである)。

なお秀吉に攻められて篭城戦の末切腹した武将としては宗治は3人目であり、既に別所長治吉川経家という前例がいた。しかし宗治が切腹したタイミングは本能寺の変の直後、中国大返しの直前という歴史のダーニングポイントであったため、シナジー効果で宗治の知名度は爆発的に上昇したのであった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

この項目「清水宗治」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)