清水区

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「清水区」の項目を執筆しています。

清水区(しみずく)は、静岡県静岡市である。

清水港は神戸港と長崎港とともに「日本三大美港」と呼ばれる。清らかなが区内各地から湧き出ており、まれに洪水が起こることが知られている。区のイメージカラーは「清水区ブルー」である。

概要[編集]

美しい港を持つ清水区は、清水市静岡市が合併した後、静岡市が政令指定都市になった際に、葵区駿河区とともに設置された。

著名な人物として清水次郎長ちびまる子ちゃんがあげられる。清水エスパルスの本拠地であり、サッカーが盛んであることから「日本ブラジル」、港の賑やかさから「静岡県横浜」とも呼ばれたが、今はそう呼ばれることは少ない。清水の町のあちこちではの臭いが立ち込めており、由比では桜海老の香りが漂い、蒲原ではアルミ工場からよくわからない匂いが流れてくる。

はごろもフーズの前身である後藤缶詰が水産試験場での実験の最中に「シーチキン」と称する新種の鳥類を発見。一躍、マグロとともに同社の主力商品となった。そういった経緯から食品工業が盛んで、前述のはごろもフーズ、いなば食品、ホテイフーズのツナ缶が有名である。

地理[編集]

清水区は主に清水・由比・蒲原の3つの地区からなる。清水区と清水市は似て非なるものであり、区と市との違いは由比と蒲原を含むか含まないかである。詳しくは「清水市」の項を参照。

駿河区とまたがる丘陵地である日本平日本武尊に由来する。「草薙」という地名も日本武尊が火責めにあった時、草薙剣を薙ぎ払ったという伝説に因んでいる。羽衣伝説の舞台である三保の松原は、敦賀市の気比の松原、唐津市の虹の松原とともに「日本三大松原」と呼ばれる。三保半島には今でも天女の末裔が多く住んでいると言われている。日本武尊は死後、白鳥になったと伝わっており、白鳥は天女の化身でもあるため、清水は白鳥と縁が深い土地である。

の間を国道1号東名高速道路が通る由比は交通の要地として知られ、「日本の頸動脈」や「日本のアキレス腱」とも呼ばれていたが、新東名高速道路の開通によってその弱点が克服された。

歴史[編集]

区名決定の経緯[編集]

清水市を範囲とする区の仮称は「C区」であった。静岡市との合併で市名を捨てることになった清水人が「清水」の名にこだわったことで、区名の公募の結果は、「清水区」が圧倒的多数で1位であった。審議会によって示された区名候補は、「清水区」、「清水みなと区」、「港区」の3つであり、「清水区」が「C区」の正式名称となった。A区やB区の区名投票の場合と異なり、区名の決定はほぼ問題なく終了した。

区域拡大[編集]

清水区が発足した後、蒲原町が静岡市に編入したことで、清水区の面積が拡大するともに飛び地が発生した。飛び地のある区は広島市安芸区が有名であるが、由比町が静岡市に編入したことで、清水区の飛び地は解消された。なお、安芸区の飛び地は解消の見込みがないそうである。

関連項目[編集]


この項目「清水区」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)