混ぜるな危険

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「混ぜるな危険」の記事を執筆しています。

混ぜるな危険 (ま - きけん) とは、混ぜると生命の危機にさらされるものに書いてある商品の称号である。

概要[編集]

これは大丈夫なので誰も気にしない

混ぜると言う行為には命の危機がかかわる。これは古今東西どの科学者を見ても分かることである。そしてそんな混ぜられた物質たちの中でも科学者たちからも混ぜたら危ないとされ、忌避される物質の組み合わせがある。その際に一般人がその組み合わせを使用しないようにこの混ぜるな危険と言う称号が与えられる。これはアンサイクロペディアでたとえるところのNRVアンサイクロブレイクであり大変不名誉な物とされている。実際にこれをつけられた商品は購買意欲をそがれたり他人から忌避されたり、ゴミとして捨てられたりする。が、当の物質たちは何一つ悪いことをしていないためエクストリーム謝罪をする気はさらさら無い。また、これらの物質は単体では安全とされているのでありあくまで混ぜることを禁じられているだけと言うことを付け加えておく。実際に悪いのはそれらを混ぜた人間だ。

[編集]

混ぜるな危険を混ぜてしまった人間の末路
カレーだからって何でも混ぜりゃいいってもんじゃない
「混ぜるな危険」の警告を無視した(または見なかった)結果、部屋に塩素ガスが充満、死亡した馬鹿。

混ぜると危険な物↓

違う意味で混ぜると危険な物↓

  • 納豆(これは異臭を発生させる。このにおいに当てられてしまったものはすべからく狂気を帯び、意味不明な言語や意味不明な行動をしだしてしまう)
  • ちらし寿司(これは名前の通り撒き散らすものである。よって混ぜると言う行為はそれらの混合率を高めより危険性を高めることに繋がるのである)
  • ねるねるねるね(これを混ぜると気の狂った魔女が召喚されてしまう。その後この魔女は危険物であるこれを世の子供たちに広め子供たちを狂気の渦へと飲み込んでしまうのである)
  • メントスとコーラ
  • サン検閲により削除と六一検閲により削除

逆に混ぜることを推奨される品↓

利用上の注意[編集]

前述したとおりこれらの製品は決して同時に使ってはいけない。もし使ってしまった場合永遠の地獄を見るか、永遠の苦痛にさいなまれることになる。時折厨二病患者やDQNが大丈夫だと言って使おうとするがほとんどの人間が正気を保ったままで帰って来きていない。これはその中で数少ない正気を保って生還者の書いた日記の一説である

「あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ! 
友人と混ぜるな危険とされているものを混ぜてみたらどうなるのかという遊びをしていたら次の瞬間には家のトイレにいた。
な… 何を言ってるのか わからねーと思うがおれも何をされたのかわからなかった… 頭がどうにかなりそうだった…
 催眠術だとか超スピードだとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…」

このように混ぜたら危険は本当に混ぜたら危険なのである。

関連項目[編集]