深谷市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「深谷市」の項目を執筆しています。

深谷市(ふかやし)は、かつては長ネギの畑しかなかったことで有名な、埼玉県の北西部にある市である。

概要[編集]

深谷市はネギの品質と生産量の両方において日本一を誇る都市である。冬は赤城颪が吹き荒れてシベリアに匹敵するほどの極寒の地となるため深谷市民は全員風邪をひくが、自分の直腸に長ネギを挿入することですぐに風邪を完治させることができる。チューリップの生産量も多く、深谷市民は風邪をひいた際にネギがないと代わりにチューリップを直腸に挿入することで風邪を簡単に完治させることができる。

また、辺り一面全てにネギが生えているような田舎町であるにもかかわらず、国鉄に急行列車を停車させてもらおうと駄々をこねた荒舩清十郎のエピソードでも有名である。

グンマーの侵略を受けている。そのせいでグンマーの企業がいくつか常駐し、市民から利益を奪っている。

渋沢栄一の生誕の地でありどうにかしてネタの一つにならないかと記念館まで建てたが王子にある渋沢史料館からは存在を無視されている。

合併[編集]

前述の通り、かつてはおびただしい広さのネギ畑と申し訳程度の宿しかなかったので、人口は極めて少なかった。地名は深谷宿であり、村ですらなかった。このため、深谷は1889年から合併を繰り返し続け、最終的には田谷村・東大沼村・萱場村・西島村・西大沼村・杉沢村・曲田村・原郷村・国済寺村・大里郡・幡羅郡・男衾郡・明戸村・幡羅村・大寄村・藤沢村・豊里村・岡部町・川本町・花園町と合併したことによってなんとか人口約14万人を達成した。

更に熊谷市や大里郡の全てと合併しようとしたが、それは実現しなかった。その理由は、合併の際にできる新市の名称を「深谷市」にすることに対して、熊谷市が強く反発し熊谷市の市名を継承するよう要求したが、深谷市がこれを拒否したためである。その後、岡部町・川本町・花園町・寄居町との合併を試みるも、寄居町が猛反発したため実現しなかった。また、花園町も住民投票の結果、「深谷市よりも寄居町と合併したい」との意見を表する住民数が圧倒的に多かったことから、合併協議会に参加すらしなかった。理由は、深谷市にはネギしかないためであるらしい。しかし、深谷市がしつこく何度も何度も合併を迫ったことから最終的には合併が成功した。

また、グンマー帝国との交渉によって帝国の領土の一部を譲り受けている。

地理[編集]

埼玉県北西部にあり、になると赤城颪が吹いて寒くてどうしようもないところ。

この都市から埼玉の県庁所在地であるさいたま市浦和区までの距離と、グンマー帝国の首都であるマエバ・シーシまでの距離を比較すると後者のほうが極めて近距離である。また、浦和までは電車で行く際に乗り換えが必要になるのに対して、マエバ・シーシへ行く際は乗り換えが一切必要ない。これらの点から、もともとはグンマー帝国の領地であった可能性が非常に高い。

また、ごく一部の地域を除き異常な衰退が見られる事も特徴のひとつである。特に国道17号バイパスでは熊谷を出てから本庄に入るまで、まるで深谷市だけが何らかの組織に破壊されつくしたのではないかと思うほど何もない空間が存在している。これもグンマー帝国との領土問題が解決していない事を裏付ける現象の一つと言える。

産業[編集]

  • ネギ
  • ガリガリ君
    • 夏休み中働き口のない地元の学生を(マジで)全て一手に引き受けている深谷市のメイン産業。赤城乳業がなければ今頃深谷市はコロンビア級の大犯罪都市になっていただろう。
  • レンガ

かつてあった産業[編集]

  • テレビ
    東芝深谷工場でかつて作られていた。一時期は地デジ特需によって異常なまでの売り上げを叩き出したが、その反動で売れなくなり、最終的には工場が閉鎖された。工場敷地、および従業していた奴隷は、まとめて赤城乳業へ売却することが検討されている。

交通[編集]

  • JR東日本
    • 深谷駅
      かつて深谷産のレンガが東京駅舎に使われたことから東京駅を模した駅舎にしてみた。それまでは待合室に立ち食い蕎麦とテレビがある程度の典型的な田舎駅であった。あまり知られていないが変わったのは外側だけで中身は旧来のまま、どころかテレビが無くなった分退化している。
    • 岡部駅
      葱畑の中にチョコンとある孤高たかき駅。周りになにもないので、現在籠原駅にもある車庫が出来る予定であったが、周囲の反対で流れた。もしできていれば岡部駅まで15両編成の電車が来ていたのになあ。
    • 上越新幹線
      素通り。本庄早稲田駅があるのだから深谷埼玉工大駅を作って欲しいとねだってみたものの、JR東日本からは「あんなFラン大学のために駅なんか作れるか、ボケ!」とやんわりと断られた。
  • 秩父鉄道
    おまえだ!駅 - 永田駅 - 武川駅 - 明戸駅

 

イメージキャラクター[編集]

深谷市にはふっかちゃんという名前のイメージキャラクターがいる。兎と鹿のキメラであり、頭は長ネギ畑となっている。

深谷市の好感度や知名度の向上を目的として2010年6月に制定されたが、考案したのは町田市民である。

一時期は初音ミクを全面に打ち出そうとする動きもあったがボヤボヤしてる間に米子に奪われてしまい自然消滅した。

領土問題[編集]

  • 植民地併合
    植民地であった、岡部町川本町花園町を併合した。今後、これらの植民地支配を開放しても絶対に謝罪はしないと心に決めている。
  • グンマー県との領土争い
    利根川を挟んだグンマー帝国側には、かつてグンマー帝国のものであった深谷市の領土がある。また、逆に深谷市側にはかつて深谷市のものであったグンマー帝国の領土があり、ともに返還を迫っている。さしずめヘラクレスの柱、いやただの野っ原問題である。
    • ただしそう思い込んでるのは深谷市側だけであり実際本来はグンマー帝国とされている領地はもう手の施しようがないほどの死地となってしまい北朝鮮ですら引き取らない始末。

関連項目[編集]


この項目「深谷市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)