深浦康市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「深浦康市」の項目を執筆しています。
「6時になってもまだ飲み足りなくて、どこでもいいやと思って空いている店へ行ったら、ホストクラブ。まあいいからとにかく飲もうということになって、ホストと一緒に5人くらいで8時頃まで飲みました。」
憂さ晴らしの方法 について、深浦康市

深浦康市(ふかうら こういち)は将棋棋士。史上最高の棋士と言われる羽生善治に対する勝率では随一を誇る天才とされた。しかし近年の研究により、羽生に対して熱烈なる恋愛感情を寄せるホモである事が確認された。

対羽生戦における恋愛流[編集]

羽生を見つめる深浦の熱い眼差し

深浦は自らの将棋の流儀を「恋愛流」と称していた。例えばこういった発言が見られた。

「同じ相手のことを日常的に考えられる番勝負は好きです。 」
「研究していても「この相手だったらどう指すだろう」と考えるのが好きなのだと思います。」
「対戦相手の好き嫌いはともかく、一人のことばかり考えるという点で番勝負は恋愛に似ているかもしれません。」

このように見ると、単なる将棋のやり方の話であり、あくまで「恋愛に似ている」であり、恋愛そのものとは関係無いと思われるかもしれない。ところが彼の戦歴を詳細に検討すると、羽生に対する勝率のみが異常に高く、一方で羽生以下の棋力しかない弱小棋士にボロ負けしている事が判明したのである。そのため、彼の「恋愛流」なるものは、実は羽生をターゲットにしたものであり、羽生に対して真剣な恋愛感情を抱いているのではないかという噂が語られるようになった。

「いまは羽生さんのことばかり考えています。好きな女の子ができると頭から離れなくなる、そんな感じでしょうか。」
「僕との対局では、羽生さんは長考する前にメガネを外すことがよくあります。そういうときは羽生さんの素顔を見られるので、いつもドキッとしてしまいます。」
「羽生さんとの対局では、ほかでは味わえない『ゾクゾク感』があります。」
「羽生さんと指すと気分が高揚し、自分の力以上のものが引き出される。」

こういった発言を見るに、深浦の羽生に対する気持ちは、疑うべくもない事実と断定せざるを得ない。

実際に深浦と羽生との対局を見た者からは、このような証言がある。

「対局の際、間違い無く深浦は勃起していた。袴の上からでもわかる、すごい角度だった。」
「対局30分を経過した時、会場がみるみるイカ臭くなった。」
「羽生の隙を見て深浦が羽生の手を握ろうとした事は、2度や3度ではない。」
「羽生がトイレのため中座しようとした時は、深浦は必ず後をつけようとした。」

そのため、かの天才棋士:羽生が深浦に対して分が悪いのは、ノンケである羽生が深浦が寄せる感情に嫌悪感を抱いているというのは、現在では将棋界の定説となっている。

関連項目[編集]


Abe いいこと思いついた お前 テンプレ貼った この項目「深浦康市」に加筆しろ
男は度胸 !  何でもためしてみるのさ きっといい文になるぜ
ほら遠慮しないで 書いてみろよ (Portal:スタブ)