淫語

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
危険 危険: この項目は未成年者の閲覧に相応しくないので、未成年者は親に見つからないようにしてください。見つかった場合の責任は一切負いません。
Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「淫語」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「淫語」の記事を執筆しています。

淫語(いんご)とは、日本における奥ゆかしい性的表現が生んだ雅やかな性文化である。

概要[編集]

様々な性表現。

アジア文化圏、特に日本においては性文化を敢えてオープンにせず隠して執り行う文化が発展していった。春画女歌舞伎が表向き取り締まり対象となったのは「隠しておく方が興奮するから」という事に他ならない[要出典]。そういった間接的性表現が得意な日本人が作り出した、「よく聞くといやらしい」或いは「いやらしいはずだが、状況がいやらしくないためいやらしく反応できない」言語体系が「淫語」である。

また元々は英国紳士が無学な者をからかう為に作り出したという説も生まれ、淫語は英語圏にも広がっている。ただし英語圏では侮蔑の言葉として使われることが多く、日本人のように性表現としてではなく卑語扱いされることが中心だとされている。上級者になると、一般的な語句でさえ淫語として扱うことで性表現として見ることが可能となる。あくまで間接的な表現に拘る奥ゆかしさは日本人特有の感覚であるが、近年ではモールス淫語を始めとする様々な新淫語が生まれ社会的普及率の高さが伺える。

よく聞くといやらしい淫語体系の例[編集]

簡単なものとしては性器名称の言い換えが挙げられ、根本となる「ちんこ」「まんこ」を連発する直線的なものから比喩表現を用いた湾曲的な淫語へとシフトしていくのが基本となる。例えばちんこの場合は「」「」など武器イメージが多く、まんこの場合は逆に「」「O」など穴をイメージさせる単語に置き換えていく。セックスを「ちんこをまんこに入れる」という表現から「槍を鞘に収める」という形へと湾曲させていくのである。「休日だけど予定ないしちんこ出してオナニーしてた」なら「手筒に耽るより無卿を慰める術の無い日だった」と言い換えることで高尚な表現とすることが可能となる。

状況がいやらしくない淫語体系の例[編集]

まずいやらしくないことを言ってはいけない状況を作り敢えていやらしい事を言う矛盾的思考が求められる。例えばニュースキャスターが突然直線的にちんこまんこ言い出したならば、それは明らかに異常である。異常であるが故に興奮するのである。学校女教師が突然保健体育の授業中に表情一つ変えず「二次性徴を迎えると男子はエッチな刺激に非常に敏感にあり、おっぱいやおまんこを思い浮かべただけでもおちんちんが勃起してしまいます」などと解説したなら、確実にいやらしいはずだが周囲への配慮によりいやらしさを享受することが出来なくなってしまう。状況を操って合法的にいやらしい事を言う/言わせるのもまた淫語である。

関連項目[編集]