涼宮ハルヒの消失

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

涼宮ハルヒの消失(すずみやはるひのしょうしつ)は、2003年ないし2004年12月18日から12月21日にかけて西宮市苦楽園甲陽園一帯を中心に実行された時空改変現象の通称。涼宮ハルヒを団長として同年4月に発足していたSOS団が一時的に消滅した事件でもある。

概要[編集]

某TFEI端末のエラー蓄積によるバグが発生の原因だというのが通説となっているが、この発生原因については別説を唱える人物も多い。誰かの策略によって生じたという陰謀説を唱えるものもいる。

2003年のこの時期には館山市での放火事件(12月18日)とリビア大量破壊兵器放棄宣言(12月19日)があり、2004年の同時期には小泉純一郎盧武鉉指宿市で会談を行っていた(12月17日-18日)が、それ以上に関西地方では本来ならば歴史に刻まれるほどの凄まじい事態が発生していたということになる。

事件の流れ[編集]

スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、アルバス・ダンブルドアセブルス・スネイプに殺害されることや、坊っちゃんは東京の路面電車の運転士になることや、オブライエンが「兄弟同盟」に潜入した二重スパイだったことや、葉蔵はヨシ子が襲われている所を見て逃げ出してしまうことや、遺言状発表の席にいた犬神佐清は実は別人だったことや、ウィキペディアアンサイクロペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、初版本を手放さないようにしてください。

12月18日早朝
西宮市の兵庫県立北高等学校において、31名の生徒を別学校に移転し、全員の奇怪な属性を抹消、前後の辻褄が合うように周辺環境も変更する・・・という、クーデターの如き改変活動が実行された。
同日8時頃
SOS団の平団員が登校し、改変に気付く。
同日午後
平団員、事態修正のため行動を開始。書記と改変者を発見。
19日午後
平団員、改変者宅にて夕食を取る。
20日午後
平団員、団長と副団長を発見。その後SOS団の元メンバーを部室に集結させる。平団員、ここから本格的な修正活動を開始。
21日午後5時頃
平団員、病室において改変の修正を確認。一連の事態、表面的には収束。
(翌年)1月2日夜
平団員、改変の修正活動に改変者、書記と参加。事態の処理完了。

原因[編集]

上でも述べたが、団に属していた某TFEI端末のエラーが3年分(この期間は時系列上であり、TETI自身の経過期間では約600年分)蓄積され、事前の予測通りに発生したということが公式見解である。エラーは某TFEI端末の感情が蓄積していったものと見られる。今後も同じような事態が発生する事態も十二分ありえるので注意していただきたい。

しかしながら生じた変動により、TFEI属性が喪失し改変実行者が単なる一女子高生となっただけでなく、(発足経緯に因んでか)団長等の関心を異常に集めていた平団員との関係が実行者のみに唯一残されるなど、その改変実行者にだけやたら利権が残ったことから、実際にはこの事象は件のTFEIが他部員より日ごろ例の平団員にアプローチをかけておらず、当人も気にかけていたその平団員からの関心を失いやすい所があったため、衝動的に改変シュミレーションを実行してしまったのではないか……というのが真実であり、通説は単なる口実ではないかという説が、2004年ごろから継続して唱えられている。

改変の修復をするかどうかの判断を重要団員でなく件の平団員に委託したり、修復か持続かどっちに転んでも改変実行者への関心度が以前より高まったであろう事は予想できることから、この説に対しては一定の根拠があると看做され、今日まで根強く唱えられ続けている。

改変後の件のTFEIの行動は平団員への好意を表すのに懸命であるが、当初は眼鏡をしていたものの、平団員に文学部入部届を渡す場面や、TFEI宅から帰ろうとする平団員を引留めようとする場面では眼鏡を外しており、不便を承知しながら大事な場面で眼鏡を外すことで「俺、眼鏡属性無いから」と宣言した平団員へのアピールを強めていると受け取れることからも、この説は有力視される。視力の悪い人間が自分をアピールするため、好意を寄せる相手の前であえて眼鏡を外すことは、よく行われることだからである。この「眼鏡をあえて外す」という手間を入れるため、自身を眼鏡っ娘にした可能性は十分考えられる。

また、平団員自身の記憶や感情を一切改変させなかった理由も、チートではなくTFTI自身の魅力で平団員を振り向かせよう、という女としての意地がその理由ではないか、と考えられなくもない。

しかし、この改変実行者への支持者層はこれを陰謀説と決め付けており、検証すること事態をタブーとしている側面があるため、当事件の真偽は未だ明らかとはされていない。

他に陰謀説としては、事件の8ヶ月前に突如失踪した別のTFEI端末が所属していた情報統合思念体急進派もしくは、佐々木団に所属している天蓋領域のどちらかが企てたというもの(共謀説もあり)もある。ただ2009年現在、犯行声明を行った組織はどこもない。

名称への疑問提示[編集]

当事件の通称には「~消失」という名称がつけられているが、件の団長は消失したのではなく他学校へ移転したのであり、消失したといえるのはその属性および牽引組織や事件そのものであるため、この通称が妥当であるかについては若干ながら疑問を投げかけるものもいる。しかしこの意見は多数派とはなっておらず、また通称を変更しようという動きも趨勢を占めてはいない。ちなみにこの本においてハルヒは完全な脇役であるようで。

後への影響[編集]

この事件の後、件の平団員によるこのTFEIへの関心度は確かに高まったが、それ以外にも寂しそうだからと動物を飼ったらどうかなどと助言された為、2007年から2008年ごろ、小型化した同種急進派および新規創造の犬型生命体と同居し始めたと言う。

この世界では当事件も、彼女の手で恋愛ゲームの1コマに組み込まれてしまった。なおゲーム内では眼鏡をかけっぱなしとしている。また2009年には件のTFEIによるシミュレーションであろうか、改変実行後の世界を元にした作品も制作され、公開されている。