涌井秀章

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「おい真壁、テレビ見ろ。涌井のやつ、めっちゃ打たれて気分ええわ。ワハハハ!」
涌井秀章 について、ダルビッシュ有
「弟子にしてやろう!!」
涌井秀章 について、伊藤誠
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「涌井秀章」の項目を執筆しています。

涌井 秀章(わくい ひであき、1986年6月21日 - )は、千葉ロッテマリーンズに所属する投手である。湧井とか桶井とか間違えられる。スタミナは抜群で160球投げても完投、中五日でも完投、9回でも最高球速を出す。マジで。

概要[編集]

千葉県松戸市に生まれる。横浜高校時代に「松坂大輔二世」と呼ばれ、成瀬善久と共に甲子園大会に出場した。その後、埼玉西武ライオンズに1位で指名され、MLBに渡った松坂の後を継いで今日もエースとして頑張っている。現在GGの代わりに銭闘員になっている。

人物[編集]

  • 「お立ち台でも笑顔はなかったが、球場を出てバスに乗り込むときに表情を崩していた」と記事に書かれるほど、試合中にはほとんど表情の変化を見せない。
    しかし、チームメイトと話をしているときはよく笑っているし、石井貴の引退式と赤田将吾のトレードのときは大泣きしていた。たぶん人見知り。
  • また、極度のゲーム好きで、WBC2009の合宿中もゲームの話ばかりしていたので松坂に「チームの雰囲気を考えろ」と叱られた程(その後はそのようなこともなくなり、決勝のときには松坂から「1ヶ月で変わったな」と言われた。その後の松坂はお察し下さい)。
  • 同い年のダルビッシュ有とは親友でありライバルでもあり、常にダルビッシュを意識した発言をしている。
  • 関東の5球団を代表する選手として、2010年の交流戦前日の共同記者会見に招かれた。
    そこで悪びれもせず「打倒青木!」を高らかに宣言。同じ壇上に在った、年長の青木をバッサリ。大物である。
  • AKBの影分神との交際がばれた時には、キモヲタどもが実家に押しかけ、母親が謝罪するという事件を起こした。
  • めざにゅーのアナと付き合った2011年は成績が急下降、2012年はストッパーになった後にアーン♥♥な炎上した。板野との件も含め、女運がない。

フラグ発言[編集]

  • 2009年5月、監督が休養したチームとの対戦に際して「注意するのは村田さんの一発しかない」と発言。その村田修一から3打席連続三振を奪い有言実行してみせた。なお、投球内容は5回1/3を被安打10、失点8と完璧に抑え降板している。
  • 6月の対ジャイアンツ戦では「阿部さんを抑えたい。(日本シリーズでは)阿部さんくらいしか、打たれたイメージがない」と発言するとその阿部が欠場。完璧に抑え込んだ。なお、試合は小笠原道大あーっと!もどきにソロ本塁打を浴び敗戦。
  • 交流戦明けのソフトバンク戦では「ソフトバンクが調子がいいといっても警戒する人は別にいないです。」8回を1失点で抑え、ソフトバンクに警戒する人はいなかったことを証明した。9回に涌井の後を投げた新人の山本淳が炎上。
  • オールスター1戦目で解説席に登場すると稲葉篤紀がバントの構え。「稲葉さんはMVPを狙っている」と言ったら2点入った。バントで。なお、有銘兼久登板時に「嫌な予感がする」と言い、その後炎上しているが、これは西武中継ぎ陣の経験からの発言と思われる。
  • 2009年9月8日の日ハムとの3連戦の初戦に先発登板。この日はG.G.佐藤が4打数4安打4打点の大活躍。涌井自身も今季4度目となる完封で大活躍。5-0で西武の勝利となった。試合終了後この2人がヒーローインタビューに登場。この時涌井が「明日もGGがお立ち台きます」と発言。翌日の試合、西武が1-0とリードした場面でG.G.佐藤は先発のTDNからツーランHRを放って3-0と突き放す。6-4と二点差まで詰められたが七回裏にソロHRを放つ。この日も大活躍のG.G.佐藤は涌井の発言通りにヒーローインタビューに選ばれた。
  • 2010年の5月、上記にもあるように打倒青木宣言後に交流戦の為DH制抜き試合の横浜戦の登板に恵まれ、番長を滅多切りにし、なんと4打数3安打4打点という結果で、見事な打撃で青木をビビらせた。ちなみにこの試合、横浜打線を3失点に抑えているので、一人で勝った様な物である。
  • 涌井に感化された西武ファンがフラグ発言、そののちチームが敗れるという事態も度々見受けられるようになった。2010年6月11日、セパ交流戦において埼玉西武ライオンズは2試合を残した状態で首位に立っていた。同日、2ちゃんねるのプロ野球板に「交流戦優勝5秒前@埼玉西武ライオンズ'10-73」というタイトルのスレッドが立てられた。なお、その翌日から広島東洋カープに2連敗を喫し、チームは交流戦優勝を逃している
  • 2010年10月に2度目のフラグ発言が公表された。捕手を相性の良い銀仁郎を女房と指名し、更には「ロッテが勝つことを祈っていました。(日本ハムの)小谷野という打者が嫌なんで。打倒・成瀬です」と発言。先日の青木に続いて再び先輩をバサリと切ったのである(ちなみに成瀬っくす横浜高校の直属の先輩である)。結果は投球内容では涌井は成瀬に勝ったが、チームは大敗した。(涌井8回1失点、成瀬8回途中3失点)

2009年の涌井[編集]

164球  4/24 鴎戦 9回  1失点

162球  8/25 鷲戦 9回  2失点

161球  8/11 鴎戦 9回  無失点

160球 10/04 鷲戦 9回  2失点

156球  9/15 鴎戦 7回  2失点

149球  9/07 公戦 9回  無失点

145球  7/09 公戦 8回  2失点

143球  7/15 鷲戦 9回  無失点

141球  6/10 虎戦 9回  3失点

140球  9/01 鷲戦 8回1/3 3失点

なお2009年150球以上投げた投手は涌井以外には1人しかいない。 しかも去年のシーズンから始まりCS、日本シリーズ、アジアシリーズ、WBCと休む暇がなかったにも関わらずシーズンを通してローテーションを守り抜き3500球以上もの球数を投げきった。 WBCに選ばれた投手のうち1年間ローテーションを守ったのは涌井ただ1人である。 あのダルビッシュでさえ壊れたというのに・・・(とはいうものの、実際WBCにエースとして選ばれながらも先発として1度も登板せず、中継ぎで3回1/3イニングしか投げていないので影響無いのは当然っちゃ当然。)

関連項目[編集]


ExSport.png この項目「涌井秀章」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)