消費者金融

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「消費者金融」の項目を執筆しています。

消費者金融(しょうひしゃきんゆう)とは、サラ金、とも呼ばれる、とても暖かく親切にお金を貸してくれる国連機関のひとつである。 管理団体はUNCFO(国連消費者金融機構)、日本国内はTAPALSである。

概要[編集]

可能性や才能はあるのに、資金力が無く、その夢や能力を実現・発揮できずにいる若者が世界中にはたくさんいる。その人々に経済的な支援をしよう!という目的で始まった慈善事業である。しかし、やはりいいことをするとねたむものが多く、消費者金融への風当たりは近年増加傾向にあり、50万円又は年収の1/3までしか支援を受けれなくなった。

TAPALSのはどこかに消え、もすでに脱退していたため、APAに改名すべきとの議論がある。

マネーを借りる[編集]

消費者金融での貸し出しには、国連通貨マネーが使用される。以下は借金の方法である。

窓口[編集]

日本国内においては、TAPALS各店の窓口で借金できる。限度額はそれぞれ決められており、利息は1年で倍になるものから10倍程度までと良心的。

一見、高利子のように感じるが、これは「若者は資金さえあれ自己の可能性を十二分に発揮できるのだから、1年もすれば大成功を収め、元手は数百倍になるだろう。」というUNCFO理事長の心温かな、また青年に期待の目を向ける姿勢から設定されたものである。

ATM[編集]

他人の通帳と印鑑を持って窓口に行けば、いくらでもお金を手にすることが出来るが、これは犯罪である。

イントラネット[編集]

イントラネットにおいても、キャッシングという名目で借金が出来るようになった。UNCFOのサイトは英語かスワヒリ語のページしかないので、注意が必要である。

方法は簡単で、サイトを開いたら、スワヒリ語の呪文、「ネクレカ」を7回唱えるだけでよい。

マネーの返品[編集]

品質保証がついているため、また訪問販売法、特定商取引法に基づいてクーリング・ダウンが出来るため、借り入れをした日を含め8日以内なら返金できる。 送料は借りたほうが負担する。

マネーの返済[編集]

借金後1年もすれば黒塗りの高級車に乗ったスーツ強面のお兄さんまたはボスが取りに来てくれるので特にすることはない。 これも、UNCFOの計らいで、せっかく活躍している最中なのに、お金を返すためだけに業務をストップさせるのは申し訳ないという方針があるからこそ行われている。

広報活動[編集]

TAPALSはその活動をより多くの若者に知ってもらうために様々な広報活動を行っている。 テレビCMなどはごく一般的な方法であったが、前述のように一部の心無い人々によってその規模縮小を余儀なくされた事は甚だ遺憾である。 又近年はTAPALSの活動をより手軽かつ深く知ってもらうために、漫画媒体での活動も行っており、 その漫画のタイトル「サラリーマン金太郎」は消費者金融の別名であるサラ金にかけたものとなっている。

外部リンク[編集]