涅槃姫みどろ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
月は心を騒がせる・・・。みどろは人を惑わせる・・・。

永遠の転校生、涅槃の姫・みどろが今宵、選んだ標的は・・・そう、ここ、アンサイクロペディア・・・

涅槃姫みどろ(ねはんひめみどろ)は大西祥平原作、中里宣漫画のホラー漫画。2006~2007年に『週刊少年チャンピオン』に連載。

あなた について、みどろさん

概要[編集]

どうみてもお水系の年増です。

呪術の使い手である謎の転校生みどろが、厄い(やくい)場所にどこからともなく現れ、厄い人間や悪人達を涅槃へと導いていく。舞台となるのは全国津々浦々の高校が多いが、みどろの個人経営店「入滅堂」や、みどろの旅行先が舞台となることもある。みどろは厄い者が涅槃に落ちるのを見届けると、関わった者の記憶を操作してから去っていく。そのため作中では、全国で多発する高校生の連続失踪事件とそれに関係する謎のコスプレ熟女の噂が、詳細のはっきりしないまま語られることが多い。

用語[編集]

厄い(やくい)
イケてないこと。
イケてる
厄くないこと。

みどろさん[編集]

それにしてもこの熟女、ノリノリである。

本作品の主人公。本名は涅槃みどろ。年齢は30代前半で更年期障害に悩まされている。空気が読めないところがあり、本格的な登山に高校の制服を着てきたり不思議ちゃんキャラ扱いされたり、周囲から浮くこともしばしば。というより、30過ぎの熟女が制服着て女子高生に混じってる時点で違和感ありありであるが、周囲はこのことについては見てみぬ振りをしている。高校は年齢制限無いしね。

コスプレ熟女 みどろさん[編集]

みどろさんの趣味はコスプレである。厄い者を涅槃に導くために全国各地に現れると前述したが、本当の理由はコスプレを楽しむためであり、厄い者を涅槃に導くのは単にオマケでしかない。右に引用した画像は左から、絶対領域にチャレンジしてみたが厄い涅槃領域になってしまったみどろさん、ママさんバレーと勘違いして女子高生バレーの中に混じってしまったみどろさん、オンラインゲームに登場してバグ扱いされたみどろさん、得意の「イケてる」ポーズを取るみどろさんである。歳も忘れてコスプレを満喫するみどろさんについてはお察しください。

厄かわいい みどろさん[編集]

厄かわいいみどろさん。でもときどき霊力が切れる(右下)

みどろさんはときどき厄かわいい。これは、さすがに10歳以上もサバを読むことに無理があると薄々感じているみどろさんが、己の霊力をもって若作りしているためである。ただし、高い霊力を安定して発揮し続けることは難しく、疲れてるときなどにうっかり厄い熟女に戻ってしまう。特に作品序盤は作者の画力霊力が安定していなかったようで、1コマごとに美女になったり熟女になったりと何かと忙しい。もちろん周囲の人たちは見なかったことにしている。

ラーメン大好き みどろさん[編集]

みどろさんはラーメン好きである。好みは昔懐かしい薄味の醤油ラーメンで、創業90年の山海軒の常連客でもある。古汚いラーメン屋に制服姿の女子高生は明らかに浮いているが、みどろさんだから誰も気にしない。とりわけ隠し味の「マー油」にはうるさく、山海軒のマー油の微妙な変化にも敏感に気付くほどである。マー油マニアであるみどろさんの家にはみどろ特性マー油があり、日々、オリジナルマー油の研鑽に励んでいる。ラーメンの味はマー油で決まると言っても過言ではなく、マー油に対してみどろさんがひと際こだわりを持つことも当然と言えるだろう。で、マー油って何?

サーズデーナイト みどろさん[編集]

「イケてる」裁定でほっと一安心。

みどろさんは毎週木曜夜8時のテレビ番組『サーズデーナイト』にレギュラー出演している。担当コーナーは『みどろさんの週刊御意見番』で、その週にあった注目度の高い事件や人物に対して、みどろさんが「厄い」「イケてる」で裁定を下す。みどろさんに「厄い」認定された人物は例外なく数日後に涅槃に旅立つことになるため、親族は早めに会社や学校に忌服を連絡したり、葬儀屋に葬儀の予約を入れておいたりするなど、スムーズな社会活動に貢献している。

みどろさん以外の登場人物[編集]

執事
みどろさんに仕える執事。顔の左半分が老人、右半分が幼女である。
ラーフラ
みどろさんの宿敵と称する美人退魔師。ホラー要素の強い本作品でのお笑い担当。

用語[編集]

酒井梅安(さかいばいあん)
守銭奴女という意味。作中では稀稿本コレクターがみどろさんに向かって「ちくしょう、この酒井梅安!」と罵った。

脚注[編集]


関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「涅槃姫みどろ」の項目を執筆しています。



「読まないほうがいい記事もあるのよね・・・ フフフ」
この記事 について、みどろさん


Midoro Iketeru 10.gif この記事に加筆してくれる編集者には最大の敬意(リスペクト)を…

それが涅槃流!! (Portal:スタブ)