海坊主

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情鉄分が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

海坊主(うみぼうず)とは、の上で経文を唱えている坊主のことである。「海法師(うみほうし)」、「海入道(うみにゅうどう)」と呼ばれる場合もある。

海坊主誕生の経緯[編集]

坊主は悟りを開くために、日夜修行で切磋琢磨している。しかし、陸の上には俗物が多いことから修行にならないため、一部の坊主がそれから逃れるべく選んだのが海、すなわちの上であった。

この坊主は一日中、精進料理の代わりに海草を食べていると言われる。しかし実際の所は、を食っているものもいるとされる。

昼夜、経文を唱えたりを組んだりしているが、一部の漁師などからすれば不気味以外の何者でもないため、いつの間にか船幽霊と同様の妖怪扱いされてしまうようになった。中には何も食わず、即身仏(日本版ミイラ)になった者もいたそうなので、なおさらであった。しかし当人の名誉のために、幽霊呼ばわりは止めるべきであろう。死んだと言っても、それは悟りを開いての上のことだからだ。

海坊主に遭った際には敢えて驚きの声などをあげず、何も見ないふりをしてやり過ごさなければならない。声をあげてしまったり、指をさして悪口を言ったり、写メを撮ったりすると、修行の妨害をしたとして船を沈めてくるという。

ちなみに、最近は弱視になったため修行を中断せざるをえず、サングラスをかけて喫茶店を運営しているらしい。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「海坊主」の項目を執筆しています。

関連項目[編集]


この項目「海坊主」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)