海の家

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「海の家」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「海の家」の記事を執筆しています。

海の家(うみ-いえ)とは、海水浴場に隣接した浜辺で営業するサマーシーズン限定の店舗型風俗である。

概要[編集]

海の家は、スキーロッジ等と同じ季節限定型営業という業態を採用している。店舗自体を毎年建てるのではなく、シーズンオフには営業権が発生せず地域の集会所や物置小屋としての使用を想定した簡易建築物である場合が多い。古くは「浜茶屋」と言ったが、これは日本(特に関東以北)では「茶屋」が風俗店[1]の隠語であった事に由来する[要出典]

雰囲気を匂わせる為に提供されるメニューの例。

海開きからお盆前後まで営業するのが普通で、海水浴客が「休憩」という形で使用するのを想定している。名目上の分類は飲食店だが、あくまでそれは表向きであり本格的な調理は基本的に行わない。風俗としての雰囲気を匂わせるためフランクフルトや棒アイスアワビの姿焼きなどを出すケースもあるがそれは少数派。市販のインスタントラーメンやレトルトカレーなどを提供するのが普通で、その価格に「使用料」を上乗せするため価格は市価よりだいぶ高めに設定される。また休憩施設としての利用以外に関しては明記出来ないため「察しろ」ということになる[2]。その為サービスを行う女性/男性を配置せず、場所の提供に止まる海の家が一般的。

一般的な配置施設[編集]

表向きの機能を果たすべく喫食フロアは必須であり、厨房も形式的なものだが保健所の許可を受けて設置する。そこの裏手に隠れやすいようにセックス用スペースを設置しておくのが普通。個室を作ると風営法に抵触するため、カーテンなどで簡易的な仕切りを作って場所を配分する。

また事後の処理用にシャワースペースや更衣室も置かれるが、シャワーの水圧や更衣室の衛生面はあまり考慮されず利用者から不満が出る場合がある。

脚注[編集]

  1. ^ 男娼店の「影間茶屋」や、貸し座敷形式の「連れ込み茶屋」が有名。
  2. ^ 大阪国でポピュラーな、「ちょんの間」に近い。

関連項目[編集]