浪川大輔

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「浪川大輔」の項目を執筆しています。

浪川 大輔 (なみかわ だいすけ、1976年4月2日 - ) は人間型のUMA。学会でのコードネームはNMKW-01。

概要[編集]

外見は30代くらいでアジア系の男性に似ている。極東の国にあるトーキョーでの目撃談が圧倒的に多く、今もトーキョーに生息しているとされている。 擬態能力を持っていて焼肉屋の店員、祭りの提灯や観葉植物への擬態が確認されている。

自称声優だが、この事実を誰が確認したかは明らかになっていない。 しかし現存する情報から見て既に10代前半より声優活動を行っており、20代の頃には完全に声優業界に溶け込んでいた。

かつてガンダムの主人公を演じていたらしいが、MSに乗らない少年の役だったので認識されていない場合が多い。 その為、『機動戦士ガンダム00がガンダム初参加作品』と勘違いする不埒者が少なくない。ファング好き。 実は主人公をやってたガンダム機動戦士ガンダム00の間に二度ガンダムに出演した事があるのだが、作品のあまりの知名度の低さ代役だったことからガノタからも忘れられる事が多い。

『ガンダムユニコーン』で遂に念願のガンダム系MS(デルタプラス)に搭乗。ガンダムと言うには微妙な上に噛ませ犬だったが。そして念願のガンダムにも搭乗。敵役で暴走していたがな。TV版副音声でははっちゃけています。

遠い昔、遥か彼方の銀河系においては、若さにまかせてやんちゃの限りを尽くし、銀河系を大混乱に陥れていたという(本人談)。 しかし、9歳で殺人レース大会で優勝し、スカウトされてヒーロー養成学校に入った上にハタチ前後で美人議員をたぶらかして孕ませ、生まれた双子が銀河を救うという、厨二病患者でも思いつかないような恐ろしい自伝を語るため、けっこうあれな人だと思われている。

同じく9歳頃に、地球に来たエイリアンと心を通わせ指のケガを一瞬で治療してもらったり、自転車で空を飛んだなどという記憶を持ち出すこともあり、9歳前後の記憶が多数あるため多重人格者なのでは?という疑惑を常に向けられている。その論拠の一つとして、銀河戦争で活躍中(自称)の9歳の頃とされる声は、彼本人のものと全く似ていない。

しかし、10歳の頃に未来から来たサイボーグと共に審判の日を阻止する闘いをしたことは数多くの文献に記されており、確定的であると思われる。

声優の間で度々話題に上るが、誰一人として浪川大輔を記憶しているものはいない。しかし、浪川大輔が声優として出演した作品は例外なくヒットするため、業界では「ナミカワサマ」として大切に扱われている。

とある有名な学者は「CGや珍獣や裸王みたいなものではなかろうか」と発言しているが、何故このような発言をしたのかは不明である。

最近の目撃証言では「セールス王」なるものになっているらしいが詳細は不明である。

著名な研究者として小山剛志があげられ、未確認ながら浪川らしき生物の撮影に成功している。 彼が最も最近(2008年4月)撮影成功した写真の浪川らしき生物は頭部に眩い装飾品を着けており、メタリック裸王と名付けられた。神々しさ倍増。

天敵は戦争大好き生物として有名な焼け野原ひろしで、しばしば彼に唆されて巨大ロボットに乗って急性厨二病で死亡したり、「ぐえー!」されたりすることが報告されている。

関連項目[編集]


Yuichi Nakamura.jpg この項目「浪川大輔」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラ中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)