浦添市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

浦添市(うらそえし)は、沖縄県内に所在する地方公共団体。沖縄の霊能力者であるユタたちによって強力な呪いが掛けられている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「浦添市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「浦添市」の項目を執筆しています。

概要[編集]

浦添市は、沖縄県においては那覇市沖縄市うるま市に次ぐ規模の都市である。

呪いが掛けられているにもかかわらず人口増加率は高いが、これは、呪いの力によって浦添市内から脱出することができなくなった人々が、やむを得ず浦添に住み着いているからである。

浦添のことを沖縄の方言では「ウラシー」というが、これは、呪いを掛けられて「うらめしい」、という言葉がなまったものである。

浦添に掛けられた呪い[編集]

浦添には、ユタによって、以下に紹介するような恐ろしい呪いが掛けられている。

車寄せ(くるまよせ)の呪い[編集]

文字通り、車を呼び寄せる呪いである。この呪いによって自動車が吸い寄せられるように集まってくるため、浦添市内では極めて激しい渋滞がしばしば発生する。[1]

また、夜中になるとダサイ族も集まってくるので、住民は非常に迷惑している。

この呪いを解くため、沖縄都市モノレール「ゆいレール」首里から延伸して浦添市内を走らせようという計画が、現在進行中である。[2] これは、首里王府の霊力をゆいレールに乗せて浦添市内に運び込むとともに、路線の設定に風水を応用して浦添の地形上に魔法陣を張ろうとする試みである。

怪寄せ(あやかしよせ)の呪い[編集]

妖怪を呼び寄せる呪い。呼び寄せられた妖怪には、以下のようなものがある。

  • てだこ - 人間の姿をしているが手だけがタコになっている妖怪。
  • うらおそい - 夜道を一人で歩いていると、後ろから突然襲い掛かってくる。
  • ようどれ - かつて浦添の城主であった英祖王(えいそおう)と尚寧王(しょうねいおう)の幽霊。浦添城跡に出没する。御主様だけに「薄悲しい(ウスガナシー)」顔をしているという。

不蹴球(たまけらず)の呪い[編集]

ボールを蹴ることができなくなるという呪いである。この呪いのために、浦添市民はサッカーをすることができない。

しかたがないので、浦添市では2004年に「ハンドボール王国都市宣言」が出された。[3]

脚注[編集]

  1. ^ 国道58号浦添市牧港が交通量九州一に(琉球新報 2006年7月3日)
  2. ^ 沖縄都市モノレール延長浦添ルート案推奨に当たっての市長コメント(浦添市ホームページ 平成20年3月)
  3. ^ ハンドボール王国都市宣言 沖縄・浦添市(asahi.com 2004年01月18日)

関連項目[編集]