浜田市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「浜田市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「浜田市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「浜田市」の項目を執筆しています。

浜田市(はまだし)は、島根県西部に位置する石見地方の田舎都市である。

「浜田」と名付くものの、浜より磯が多く、田んぼよりが多い土地柄である。そのため、多くの人口を養うことができず、苦境に立たされている。

概要[編集]

島根県西部を占める石見地方の中心地であり、石見地方最大の都市である。石見地方の人口のうち、約三割が浜田に集中しており、広島市内で一番人口の少ない行政区である安芸区よりやや多く、山陰でも五指に入る規模である。とはいえ、益田大田とともに「石見三田」と呼ばれるあたり、この三都市に大した違いはないとみることができる。

主な出身者としてアニマル浜口があげられるが、彼が「気合道」を習得したのは浜田を離れた後であり、浜田は彼の気合の恩恵をほとんど受けていないことに留意しなければならない。和田毅や梨田昌孝ら、妙なフォームのプロ野球選手は決まって浜田市(または同市の学校)出身者である。なお浜田省吾浜田雅功は浜田の出身ではない。

地理[編集]

日本海に面しており、山陰有数の港湾都市で、海水浴場も多いが、島根県に属するため地味であり、ほとんど目立たない。漁師の町らしく「漁山」という名の山がある。浜田市街の真南にそびえているため、海上から方角を見極めるための目印として尊重されている。

しまね」から」を引くと「しね」になり縁起が悪くなる、「島根県」の名を出すと印象が暗くなる、といった諸般の事情により、「島根県」を冠せず単に「浜田」と名乗る傾向が強い。そのため、広島県との関係を重視する傾向と相俟って、島根半島を擁する出雲地方とはきわめて疎遠である。方言も広島弁に近く、今では「広島県浜田市」と言った方が通りが良い。しかしながら、浜田が広島になってしまうと、島根県の人口が0に近くなるため、いやいや島根県に所属している。

歴史[編集]

石見国府の所在地であり、古くから石見の中心地であったことがうかがえる。

江戸時代になると、徳川氏の直轄領を経て、古田氏によって浜田城が築かれ、その後、松井松平氏、本多氏、越智松平氏と藩主が代わり、浜田は日本海航路の寄港地として賑わいを見せた。

長州戦争の際、長州藩の軍勢が浜田に迫ると、時の藩主・松平武聰は城を棄て東に逃れ、城下は壊滅状態となってしまう。島根県下で、松江に次いで二番目に市制を敷いたが、往時の勢いを取り戻すには至っていない。

交通[編集]

山陰本線が通じるが、東西方向の交流が盛んでないため、高速化工事の甲斐もなく利用者数はきわめて少ない。その反面、広島方面に至る長距離バスが持て囃されており、浜田自動車道の開通によって、石見の中心都市から広島の従属都市に変容を遂げつつある。

広島と浜田を結ぶ予定であった陰陽連絡鉄道が未成に終わったため、浜田市の代表駅である浜田駅は山陰本線の一駅に甘んじている。しかしながら、山口線と接続する益田駅や、三江線と接続する江津駅より利用者がわずかに多いことは浜田市民の誇りである。

名物[編集]

名産品が乏しいといわれる山陰・浜田だが、単に目立たないだけである。しかし、そこが最大の欠点であることは否定できない。名産品は和紙のほか、イカサバなどの缶詰や干物である。地味ながら光るものが無きにしも非ずといったところである。

その中でも、山陰近辺でしか知られていない幻の名品が存在する。唐辛子によって真っ赤に彩られた天ぷら、その名も「赤てん」である。唐辛子が入っているため激辛であり、「赤い悪魔」と呼ばれる。派生商品として、「黒てん」や「黄てん」も存在する。こちらは辛くないので、初心者でも安心して口にすることができる。しかしながら、浜田市では赤てんは弁当のおかずとしてポピュラーであり、よく弁当に入っているが、テストのときは、「赤点」と連想させるため、敬遠される。

石見の伝統芸能である石見神楽は「どんちっち」とも呼ばれ、市民に親しまれている。それを観光政策に生かそうと、アジノドグロカレイを「どんちっち三魚」と称してブランド化を進めている。成功するか失敗するかは市民の努力次第といえる。

関連項目[編集]


この項目「浜田市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)