浜松県

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、少し前の浜松県全域について記述しているばい! 大豊田連邦に降伏した袋井市以西につ・い・て・は「天竜川共和国」をCHECK IT OUT!! はい!!!
曖昧さ回避 この項目では、少し前の浜松県全域について記述しているばい! 大豊田連邦を嫌った掛川市以東につ・い・て・は「静岡県」をCHECK IT OUT!! はい!!!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「浜松県」の項目を執筆しています。

浜松県(はままつけん)とは、遠州灘に面している県である。浜名湖県(はまなこけん)、浜名県(はまなけん)と呼ばれる事も多い。県庁所在地は浜松市

概要[編集]

太平洋岸の県の一つで、遠州灘に面し、大井川と長篠山に挟まれている。旧国名で言えば遠江国と穂国(三河国に併合された後の東三河)に相当するが、当初は遠江のみが浜松県であった。歴史的には静岡県筑摩県山梨県と同じく今川武田組の地域であり、東日本の文化圏に属する。

県庁所在地の浜松は、日本海側富山と同様に、東京京都からは等距離で行ける。この為、日本海側では、親不知のすぐ東の頚城県か、親不知のすぐ西で「さらさら越え」の縁を持つ富山県との縁が深い。又、富山県が東西両勢力の緩衝地域で「越中泥棒」と皮肉られるのと同じく、浜松県も東西両勢力の緩衝地域で「遠州泥棒」と皮肉られている。にも拘らず、東海北陸連絡線を見ても、清水上杉のルートは未全通とは言え進捗度も早いのに、浜松県を始点とするルートは、鉄路では東日本の上杉までは一応通ってはいるが、「さらさら越え」の富山までは未だ開通していない。

元々、遠江と東三河は遠州灘沿岸・浜名湖圏・天竜川圏である位置から、総めて一緒の県になるはずだった。しかし、遠江は富士川圏で富士山圏の静岡県に、東三河は木曽三川圏で琵琶湖圏の愛知県(後の名古屋共和国)に切り売りされた。しかし、地理や歴史の食い違いや、予算が来ない事に不満を持つ浜名湖圏は独立運動を起こし、それぞれ静岡県と愛知県から脱退し、浜松を県庁所在地にして、浜松県を復活させた。

ところが、名古屋共和国大豊田連邦と称して侵略を始めると、袋井市以西は大豊田連邦に併呑され、大豊田連邦への併呑を拒否した掛川市以東は静岡県に加入した為、浜松県は解体された。これに対しては、静岡県・山梨県・筑摩県・岐阜県飛騨地方・富山県・三重県滋賀県など、多くの県から猛烈な反発を受けている。名古屋の横暴を懲罰し、名古屋共和国を織田豊臣王国(首都:京都)ないし大近江王国(首都:長浜)へ編入させようとするこれらの県からは、浜松県の復活を目指す動きが起こっている。

産業[編集]

川崎さんは元々いなかった(神戸在住)が、本田さん熊本県へ引越す予定だ。

農業[編集]

静岡県が「緑茶」を、愛知県が「八丁味噌」をネタにされているのと同じく、浜松県は「」をネタにされて来た。

農業面では、静岡県と同じく緑茶の大産地であるが、チバラキ県鹿嶋周辺と同じメロンの大産地でもある。こじつけダービーマッチの多いJリーグでは、ジュビロ磐田vs鹿島アントラーズの対戦カードを「メロンダービー」と呼ぶ者もいる。但し、ジュビロの選手の出身地を見ると、浜松県出身者はさほど多くなく、静岡県出身者が圧倒的に多い。じゃあ浜松県出身者どこにいるかっていうと、プロチームに入りたがらず、地元のアマチーム(本田浜松など)に入る者が大半である。

工業[編集]

浜松県の工業製品といえばバイク、それに浜松市の独占産業である楽器である。詳しくは「天竜川共和国」も参照する事。

観光[編集]

基本的に「通過県」「素通り地域」であるが、鎌倉東京から蜜柑やメロンやお茶を目当てに訪れる者が多い。 その他にも、同じ静岡県の田舎者たちが「わ~い、これが都会なんだね!!」とか言って、バカみたいに喜びながら集団のガキ共たちと訪れるものも多い。

交通[編集]

鉄道では、東西の幹線として東海道本線東名高速道路が通っている。

南北の幹線では、飯田線豊橋から塩尻まで伸びている。当初は浜松を始点にする「佐久間線ルート」が予定されたが、豊橋から先に建設された為に、浜松からの建設を断念して終った。

高速道路では、浜松と飯田を結ぶ三遠南信自動車道が建設中である。しかし、当初は武田信玄が地盤を広げた兵越峠を通そうとしたが、「兵士が越える」とは名ばかりで崖崩れが多いため、新野峠ルートに変更される見通しである。

静岡空港が静岡県との境に存在する。ここは、大井川より西側なため静岡県ではなく浜松県である。

関連項目[編集]

この項目「浜松県」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)