流山市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「流山市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「流山市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「流山市」の項目を執筆しています。

流山市(ながれやまし)は、千葉県北西部に所在する、鉄道拠点を逃して悔やんでいた都市である。

概要[編集]

東京の都心から30km圏内でありながら、富な自然に恵まれた田舎である。鎌倉開府前には、中村の馬追い祭りでおなじみ相馬家の本拠地であった[1]。相馬家は中村に移る前には小高にいたが、小高に移る前にはこの流山を本拠地にしていた。

鉄オタの間では、流山も中村も、1890年代に鉄道を通す際に、鉄道施設を近隣都市に強請られた都市としても有名である。中村は原町に機関庫を強請られ[2]、流山は松戸と柏に常磐線自体を強請られた。

このため、長らく交通手段が流鉄流山線のみとなり、中村は元より、近くの東京からのアクセスが非常に悪く、こち亀度井仲村のモデルにされる等、その存在が疑われるほどであったが、つくばエクスプレスが開業したことで近年調子に乗っている急速な発展を続けている。つくばエクスプレスの開業により牛車で2昼夜かかっていた都心へのアクセスが容易になり、開発が進んでいる。

しかし開発の影響により、自然破壊が進んでいる。天然記念物のオオタカが生息することからおおたかの森と名付けられた森は、もはや林かどうかも危うくなっており、市では植林活動への参加を市民に呼びかけている。

でもそれって検閲により削除

市の財政は永らく債務超過に陥っていたが、市役所応接室のじゅうたんに空いた穴をソファで隠す自販機のコイン返却口をくまなくチェックする等の涙ぐましい努力により、回復基調を見せつつある。

経済[編集]

松戸野田[3]といった列強に取り囲まれており、地元商業エリアは発展の余地すら無い状態である。

…と思われていたが、最近では大型スーパーが進出したおおたかの森駅周辺を中心に異常なまでの発展を遂げている。 ただし、ここも例にもれず地元商店街がお察し下さいな状態になっていることや、周辺の森林がバキューン!!されていることはもはや誰も気にしない

しかしながら、おおたかの森駅周辺以外の地域はほとんど変化がない。逆に取り残されたことが幸いし、商品陳列棚にレアな逸品が眠っていることがある。

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

常磐自動車道が通っている。道路は市の大深度地下を通過しており、その存在を知る市民は少ない。インターチェンジが1箇所存在しているが、たどり着くまでには別途通行料金が必要となっている。え?そんなインターチェンジで大丈夫かって?いや、市民からすればそんなインターチェンジでもあるだけマシですわ。となり①も似たような僻地にある上、となり②なんてまず高速道路自体がない。となり③はお情けでやっと高速道路が通るらしいけど流山の方が古いもん。

その常磐自動車道も、流山から中村までは未だ開通していない。福島県庁が旧中村藩を冷遇して来たからである。富岡開通が2004年で、中村開通は東京に電気を送る核施設の爆発によって不可能になった。

  • 宮園循環バス
    • 市内の宮園循環のバスが通るようになった。宮園民で駅まで徒歩もしくは自転車で移動していた人にとってあの心臓破りの坂(傾斜80度)は大変だっただろう。これで坂から転落する事故が激減する。運賃は一律で100円であり、女性がバスを運転している事がある。宮園はご老人共が多いから循環バスが通るようになったのか。ご老人共の我儘なのか、市長の粋な配慮なのかは謎である。セブンイレブンと、マルエツでしか宮園内で買い物はできない。朝、農園に通い採取をする毎日で、必要な物資は流山市民の特権である流山エクスプレス(各駅停車)に乗り、ざっと一週間分の物資を買いに出かける。

脚注[編集]

  1. ^ 相馬家と同じく、岩城家も、常陸府中から浜通りに転入した大名である。
  2. ^ それどころか、中村は、中村藩の遺産まで、原町に強請られている。一方で、松戸や柏は、流山の歴史遺産を強請っていない。
  3. ^ 流山にとって、柏は「仲間」(柏から見れば下僕)、松戸はライバル(の割に人口は松戸市の3分の1だが)であるが、野田や我孫子といった小物は眼中にない。
  4. ^ 社畜DQNといった「貨物」の輸送は、朝方に特別貨物列車「n満員列車」を使って行われている。

関連項目[編集]