津軽為信

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

津軽 為信(つがる ためのぶ)とは、戦国武将の中でも随一の髭の濃さで知られる東北の驍将。破竹の勢いで台頭し、南部氏の領土を切り取り、独立した。最上義光が「鮭殿」と呼ばれていることに対抗心を燃やし、領民、家臣らに自分の事を「髭殿」と呼べ、などと命じていたが、そんな発令をするまでもなく、あまりの髭の濃さから皆為信を髭殿と呼んでいたのであった。

人物[編集]

元々は津軽ではなく大浦姓を名乗っており、その大浦家の家督も大浦為則の娘、戌姫に婿養子として入って継いだもので、久慈とかいう土豪の出身らしい。要するに成り上がり者であった。

下剋上の風潮に乗り、権謀術数を尽くして頭角を現し、毛利元就松永久秀に比せられる梟雄と畏れられた。だが、露骨で強引な手段も多く用いたため、下剋上された側の南部氏からは不倶戴天の敵と忌避され、今日に至るまで継続する南部と津軽の対立の土壌を形成した。だが、そのような対立が未だに根深いのは過去の遺恨を未だに氷解できない南部、津軽の両住民の粘着気質(しかもお互い、向こうが勝手に粘着してるだけと言い張ってる)に原因があるのであって、為信の露骨な手段にさほど起因するところではない。

南部氏との確執[編集]

南部氏との確執が深化した理由はいくつもあるが、その最もたるは、為信が南部信直の父の仇であったことだろう。為信は、信直の父石川高信を奇襲を仕掛けて討ち取り、城を乗っ取って戦国大名として飛躍した。このため、石川氏流南部家の威信は失墜し、当時南部晴政の養子であった信直は、軟弱者のレッテルを貼られて南部晴政から疎んじられるようになった。信直に家督を継がせたくない、そう思い立った晴政はその辺の農民の娘に手当たり次第に手を付け、そのうちの一人との間に南部晴継が誕生した事がそれに拍車を掛け、田子の居城に逼塞して長いヒッキー生活を送らねばならなくなったのだ。もし、為信の叛逆がなければ、自分が晴政から排斥されることもなかっただろうし、晴政に嫡男が生まれることもなかっただろう、と信直は思案し、この時以来、為信に強い敵意を抱くようになった。

しかし、為信が高信を討ち取ったと記述するのは津軽側の史料で、南部側の史料では、高信は討ち取られていない、と記述されている。高信、ひいては信直の名誉の為に捏造した可能性もあるが、津軽側が為信の功績を誇張するために歪曲した可能性も、充分ある。

中央政権との交流[編集]

陸奥の僻地で育ったむさくて髭の濃い為信だが、意外と社交性があり、豊臣秀吉の天下統一後は、積極的に中央の大名達と親睦を深め、人脈を拡充した。為信が所領を安堵されたのも、前田利家などと折衝して便宜を図ってもらい、さらに五摂家の近衛家にまで渡りをつけて養子にしてもらうなど、その社交的な戦術に依拠するところが多い。

しかし、いくら社交的とは言っても所詮は陸奥の田舎大名(それも髭が濃い)という印象は払拭できず、喋る際に津軽訛りが露骨に出てしまうため、他の諸侯から嘲笑、揶揄され、恥を書いたという。水と油の関係にあった南部信直はそんな為信の醜態を見てざまあ見ろ、というかと思いきや、意外にも同情していた。田舎大名の心狭さを共感していたのだろう。

評価[編集]

人物の評価が二極化するのは決して稀有なことではないが、為信のような田舎大名でここまで毀誉褒貶が激しいのはレアケースである。南部の史料では唾棄すべき叛逆者と扱き下ろされ、津軽の史料では郷土の英雄と礼賛される。おかげで中立的な観点を推進するウィキペディアでは、評価の中立性を巡り為信の項目は日々紛糾している。

意外に思われるが実は秋田県でも評判が悪い。何故かと言うと、秋田のアイドルである安東愛季タソを、山県の鮭様と結託して輪姦に及ぼうとしたことなど、枚挙に暇がなかったからだ。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「津軽為信」の項目を執筆しています。