津市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
ヒマ人注意報
平凡で刺激のない「津市」を執筆しているのは、平凡で刺激のない生活に飽きてしまった津市民です。津市の自慢できるものと言えば、世界一短い駅名と津ボートくらいです。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「津市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「津市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「津市」の項目を執筆しています。
「上から読んでも下から読んでも津だ。」
津市 について、オスカー・ワイルド
「津は名前が短すぎる!改名しろ!」
津市 について、織田信長

津市(つし)は、ひらがなにして下に点を加えるとあたかも?のようなマークに見える、三重県の県庁所在地である。

概要[編集]

この町で話題になったのは公務員が働くところで平気でヤミ商売をしていると言う凄まじく、勇気のある行動を取ったことから有名になった(とは言っても、その周辺だけだが)。主には水団や草履、挙句の果てにはノートパソコンミサイルなど様々なものを売っていたものの、店主がもう、空ねーと言う寒いギャグで一瞬にして店じまいをした。

紀伊半島の一角であり、伊勢街道(伊勢以南は熊野古道)の沿線であるため、文化や方言では奈良大阪新宮の影響が強い。一方で、桑名の向こう側の名古屋にも近いために、大阪弁と尾張弁を混ぜたような方言が話されているが、アクセントは大阪弁の色が強い。これは彦根滋賀県)でも見られる現象である。

彦根・名古屋・和歌山といった大藩の城下町や、首都の京都に近い位置でありながら、外様大名・藤堂高虎の本拠地として江戸にも睨みを利かせていた。又、高虎の本拠地は、津市と伊賀上野の二都市体制でもあった。

南には肉ばっかり転がっている松阪があり、更に南は何があるのかと言う位、山しかない。松阪の東は何かがあったけれど思い出せないのでどうしようもない。ちなみに津の東にあるのは、それを越えるとミサイル基地がある。

元は「安濃津」(あのうつ)という地名であったが、小泉内閣の構造改革の一環で、よく使われる県庁所在地の市名を一文字にするという政策のテストケースとして先行して「津」に改称された。津市ではおおむね好評であったが、「へ」が割り当てられそうになった某市を中心に反対運動が起き、結局津市以外でこの政策が実行されることはなかった。

一方、佐世保弁での意味は「かさぶた」であるが、距離的に遠く離れているからどうでもいいよね。でも、紀州弁でつーの意味は「よだれ」というのは距離的にもどうなんだろう。

最近宇宙から高速船に乗って津に来て戦隊ツヨインジャーがやってきた。ブログもやっている。

津市ではなく三重市にするべきだったとの声も聞かれる、世界一センスのない市名だからである。

津の発音は、標準語では「つ」であるが、現地読みでは「つぅ」とやや伸ばす。なお韓国人は韓国語に該当する発音が存在しないため「つ」は発音できず、無理に発音しようとすると「ちゅ」または「ちゅう」になる。

津四日市戦争[編集]

昔々、あるところにイケメンで若々しい、まるで向井理のような四日市市
イケメンで薄毛な、まるで温水洋一のような津市があった。
2人ともお互いのことも気にせず、平和なひと時を過ごしていた。
しかし、あるとき薄毛の津市は、活気あふれるフサフサ四日市にライバル心を抱いた。
そこで津市は、独自のカツラを作ることにした。
しかし、カツラのいい材料がない。嬉野町カツラは松阪にとられてしまったので、あとがない。
そこで津市は、台風や過疎化でダメージを受けた材料を使ってまでカツラを作った。(平成の大合併)
すると、まるで四日市のようなフサフサなイケメンに変身することができた。
しかし、編入したダメージを受けた周辺自治体の髪の毛が残り少ない地毛を抜き始めた。
将来の津市は、イケメンのハゲ。すなわちブルースみたいになっているだろう。
しかし、長野松本戦争のような壮絶さは無い。

交通[編集]

藤堂高虎が津市を本拠地にした通り、京都伊勢の間の要衝である為、津駅を中心に、各地への連絡線も比較的早く整備された。

近鉄で行くのが常識。
紀勢本線で行く。
亀山まで紀勢本線、柘植まで関西本線、貴生川まで草津線、貴生川からガチャコンに乗る。柘植から草津まで草津線、草津から東海道本線に乗り換える方法もある。

独立運動[編集]

2006年1月1日に、津市は市域を拡大したが、その際、水系が異なるにも関わらず、美杉村太郎生も津市に併呑された。太郎生の住民はこれを不満に思っており、同じ名張川水系の名張市への編入を求める独立運動を続けている。

関連項目[編集]

津市関連
高虎関連
東近畿三県同盟


この「津市」は、アンサイクロペディアの記事くらい刺激のあるものにしてほしいという津市民の儚い願いによって誕生しました。津市民の願いにこたえてくれる英雄を求めています。 (Portal:スタブ)