津山市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「津山市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「津山市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「津山市」の項目を執筆しています。

津山市(つやまし)は、岡山県の北部に位置する美作地方の中心都市である。

より有名でない中国では数少ない内陸の都市であり、「中国の十字路」と呼ばれる交通都市でもある。

概要[編集]

ばかりの岡山県でも特に山深い美作地方に位置している。緑化工事によって砂漠化から鳥取市を救った柴田農園や、複雑怪奇総理大臣平沼騏一郎を輩出したことで有名である。名物はホルモンうどん、名所は津山城跡やイナバ化粧品店など。また、道の駅にΖガンダムが配備されている。

この項目「津山市」が過去に二度も削除され本稿が三代目にあたることや、津山市と倉敷市の市制施行年が一年しか違わないにもかかわらず人口差が30万人以上もあることなど、触れてはならない禁忌が多く、地雷を踏んで誇り高き津山市民の面子を潰さないよう注意する必要がある。

地理[編集]

津山盆地の中央にあり、四方を山に囲まれているが、この地方は極めて開放的な気風に満ちあふれている。美作地方は山陽と山陰の山気が交わる神秘の霊場であり、土着信仰が根強いことから、伝統的な風習が守られており、足を踏み入れることができない聖域が存在する。この記事にも踏み入れてはいけない領域が存在する。

美作一の大都会[編集]

中国地方は沿岸部が都会で、内陸部は田舎といった図式をもって語られることがあるが、岡山県は例外である。なぜなら美作一の大都会・津山があるからである。津山市民は内陸の町の希望となっている京都市に憧れており、津山は「小京都」の一つとして全国京都会議に参加している。つまるところ京都の子分である。

津山市は美作一の大都会であり、長らく美作地方で唯一の市であったが、平成の大合併真庭市美作市が誕生した。見慣れない名前であるが、要は「より有名でない勝山」と「縁起の悪い林野」がそれぞれ周りのゆかいな仲間たちと合併しただけであり、恐れるに足りないのである。

歴史[編集]

鶴山から津山へ…[編集]

かつては鶴山(つるやま)と呼ばれたが、森長可の弟である津山藩初代藩主森忠政によって文字数の整理が行われ「」が削除されたことで、現在の名である津山(つやま)となった。もし鶴山のままであったら、山形県の鶴岡市と親善都市となり、亀山市亀岡市のような関係を構築していたかもしれない。

鶴山から津山になった当地は津山藩の城下町として発展していった。明治時代には北条県の県庁所在地となり、中国地方唯一の内陸県として貴重な存在であったが、北条県は岡山県と合併することとなった。北条県は、島根県と合併した鳥取県のように復活することはなかった。

複雑怪奇な四つの郡[編集]

津山は城の東に向かって町が発展する傾向にあり、時期こそ違えど「津山東町」という町が二つ存在していた。明治時代にあった東南条郡の津山東町は現在の城東地区であり、大正時代にあった苫田郡の津山東町は現在の東津山地区である。まさしく複雑怪奇である。

現在は津山市になっている苫田郡はかつて東北条郡・東南条郡・西北条郡・西西条郡に分かれていたが、なぜこんなに細かく分ける必要があったのかは謎である。また、西南条郡が存在しないなど、とんでもなく複雑怪奇な地域であった。

なお、津山事件を本文に記述することは許可されていない。一つ間違うと編集合戦になりかねないため、ここは空気を読んで次の節に移ることとする。

交通[編集]

「中国の十字路」[編集]

南北方向に津山線因美線が、東西方向に姫新線中国自動車道が通じている。「中国の十字路」と呼ばれる交通の要地であるが、「中四国の十字路」と称される大都会岡山には敵わないようである。

鉄道[編集]

津山線因美線は中国一の大都会岡山と砂丘の都・鳥取を結ぶ一大幹線鉄道として「因備線」となるはずであったが、線形が劣悪であり速度が遅いため、伯備線に陰陽連絡線の座を奪われた。さらに、岡山・鳥取間を結ぶ急行列車が「急がば回れ」とばかりに智頭急行を通るようになり、津山線から急行が消えるという未曾有の危機に直面することとなった。

誇り高き津山市民の面子を立てるため、新たに津山線を走ることになった急行「つやま」は名物列車として知られた。快速列車と見分けが付かないことから「ぼったくり急行」と呼ばれ親しまれていたが、2009年に惜しまれつつ廃止された。

道路[編集]

国道53号・国道179号・国道429号の三つの国道が津山市中心部で重複国道となっていて、大変わかりづらく不親切で複雑怪奇な国道網である。

中国自動車道のICの位置が市街地から遠く、不便であると指摘されており、院庄ICと津山ICの間に津山中央ICを設置するべきとの意見も根強い。米子自動車道岡山自動車道は西の真庭市を通り、美作岡山道路は東の美作市を通っていることから、津山の「中国の十字路」としての地位が危ぶまれており、早急な対策が必要である。

人物[編集]

出身者[編集]

関連項目[編集]

この項目「津山市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)