素元波戦隊ユレルンジャー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、戦隊ヒーローについて記述しているばい! いわゆる水面波につ・い・て・は波浪を、もうちょっと真面目に解説している記事につ・い・て・は「波動」をCHECK IT OUT!! はい!!!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「素元波戦隊ユレルンジャー」の項目を執筆しています。

素元波戦隊ユレルンジャー(そげんはせんたい-)とは、数多くある戦隊ヒーローの中のひとつである。世間では湯婆婆のせいで「波」と略されるようになった。戦隊シリーズで一番人数が多く、円周率のごとく誰もそのメンバー全てを覚え切ることができない。いつでも動けるよう、常にスタンバイしている。

概要[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ホイヘンスの原理」の項目を執筆しています。

波というものは、素元波という目に見えないほど小さな戦隊メンバーの隊員たちが限り無く連なることで作られる。それぞれの隊員が円形に振動することで隊員の進行方向の最前線に波の原型が完成し、それが合体して巨大ロボットによる波ができるのである。中にはスモールライトを使ってメンバーに入隊している者もいる。

真ん中の素元波レッドから、素元波ブルー、素元波イエロー、素元波グリーン、素元波ピンク、素元波オレンジ、素元波ホワイト、素元波ブラック中略 、素元波パープル、素元波バイオレット、素元波ビリジアン、素元波ヤマブキ、素元波レモン、素元波アサギ、素元波モグラ以下略(この辺りだと色の名前であるかどうかも怪しくなる)……と、波の端から端まで無数にずらりと並んで、波源から河岸や海岸、地震なら地上まで押し寄せて来るのが特徴。たまにそれが強烈すぎて、災害を引き起こしてしまうというお茶目な一面も持っている。また、波を見て各々の色が判別できない理由として、メンバーが小さすぎるのと、メンバーの色が互いに混ざり合ってしまうからである。虹は色が分かれるので、メンバーの区別がしやすい。

時々、「流行の波」や「不景気の波」などの物理的でない波も発生させる。

種類[編集]

波は繰り返す

波には大きく分けて二つの種類があり、「縦波」と「横波」がある。縦波はメンバーがわいわいと集まったり(これを「密」という)、メンバーの仲が気まずくなって広がることで(これを「疎」という)、波の進行方向と振動方向が同じ向きになるのに対し、横波はメンバーたちが感極まってウェーブをすることで発生する。波の一例をここに挙げる。

媒質[編集]

波は個体液体気体、様々なものを使って伝わっていく。下記は波を形成するものの一例である。

弦楽器に見られる。素元波戦隊のお陰で、今日も心地よい音楽が聴ける。
バネ
縦波の代表的な例。延ばしたり縮まったりする動きはサインカーブを描き、素元波戦隊は数学に長けていることが分かる。
水面で発生する波は回転運動をして水深の深い所まで影響を及ぼさないので、素元波戦隊はなどの生き物にも優しい。その反面、人間に対しては高波などを起こすといったツンデレ要素がある。
要するに地震のこと。縦揺れ(縦波)・横揺れ(横波)の両方を観察することができる。横揺れより縦揺れが速いことから、隊員の仲は熱しやすく冷めやすいようである。
空気
空気が膨張したり伸縮したりして(縦波)、音を発生している。彼らがいなければ音のない世界になってしまい、補聴器がいらないために売れなくなって、補聴器業者がニートになるというつらい世界が待っている。
メンバーは透明、赤、橙、黄、緑、青、藍、紫、透明その二で形成される。海外はこの数が減る模様。彼らがいなければ光のない世界になってしまい、盲導犬がいらないために提供されなくなって、盲導犬が保健所で殺されるという哀しい世界が待っている。

この通り、素元波戦隊は我々の見えないところで日々活動している。

[編集]

反射
隊員たちは「当たって砕けろ」精神がなく、物体や鏡などに当たると跳ね返る。ごく限られた場合のみ「全反射」という必殺技が出る。
屈折
隊員たちは違う媒質に入ると、屈折しやすくなる。今まで慣れ親しんだ媒質が変わってしまい、素直になれないようである。
回折
解説しようっ!回折というのは敵である障害物の背後に回り込んで攻撃することであるっ!これで敵がいてもお構いなしだ!!(ナレーションっぽく)
干渉
あるメンバーが他のメンバーへ自分の意思を従わせようとすることで、メンバーが同調し波が強まったり、逆に反発して波が弱まってしまう、諸刃の剣の技である。
うなり
これは似た者同士の波が重なって生み出す、強力な技である。うなりを発生させることで、敵の耳を麻痺させる。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ドップラー効果」の項目を執筆しています。
ドップラー効果
本拠地の波源が動くことにより、隊員たちの素速さがアップする。

悪の組織[編集]

反射した波
反射した波は全てが逆になり、たちまち悪になってしまう。隊員たちは頑張って「当たって砕けろ」精神になろうと奮闘している。
防音マット
こいつのせいで隊員の行動範囲が限られてしまう。それとも知らず、人は喜んでこれを買ってしまう。
固定端
固定端で隊員は動けなくなる。こいつを自由端にすべく、素元波戦隊は更正しようとする。「○○たん」という名前なので、一部から女性ではないかと言われている
定常波
悪に寝返った波。その場から動かないという非常識な波である。
荒い面
隊員がこれにぶつかるとかき乱されてしまう。しかし滑らかな面にすると反射してしまうという厄介者。
真空
媒質が全くないので音を伝えることができない。
ブラックホール
真空よりも強力な敵。真空において光は伝わるが、ブラックホールはその光まで吸収する。
一次元
悪の組織のリーダー格で親玉。二次元なら波を表すことができるが、一次元だと点しか表せないので、この敵を撲滅させない限りは波に平和は訪れない。まあ無理だけど

関連項目[編集]

Makesophia.gif
記事書き方コンベンション
対象記事
執筆初心者のために、先輩風を吹かしたアンサイクロペディアンが「記事の書き方」を発表しています。


su-pa-sentai-stub この「」はスーパー戦隊に関連した書きかけ項目だ。
お前がどうしても加筆したいって言うのなら、この俺に挑戦するべきだな。 (Portal:スタブ)