沖縄県の鉄道

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「沖縄県の鉄道」の項目を執筆しています。

沖縄県の鉄道 (おきなわけんのてつどう) とは、在りし日の思い出である。

概要[編集]

本当だったらこうなるべきだった。
沖縄県が本気で建設しようとしている鉄道。将来は九州新幹線も乗り入れる予定である。
沖繩縣営鐵道の在りし日の写真

沖縄県の鉄道とは戦後米軍基地を作るためか戦乱によってぶっ壊されたためかは知らないがアメリカ軍によって淘汰された鉄道オタクにとってのアトランティスである。なぜならば沖縄県は全国47都道府県の中で唯一鉄道が通っていない県であり、鉄オタを沖縄旅行に連れていくとバス移動の多さに軽く発狂しそうになるとされる。まあ一応廃駅や廃路線はわずかに残っているため鉄道史跡マニアはそこそこ楽しめるようだ。

戦後廃止された鉄道駅や鉄道路線を復活させようという動きはあったのだが、一時期アメリカになっていた影響を受けた沖縄では電車の有用性を理解されず計画はとことん破たんした。現在では鉄道とは似て非なるモノレールが通っているが、鉄道オタクからの評判は芳しくない。そのため今でも鉄道オタクの間では沖縄は鉄道未開の地という扱いを受けている。

以上のことから鉄道オタクが沖縄県に転勤なんてことになったら会社を辞めるレベルであるとさえ、万が一沖縄県出身の鉄道オタクがいれば間違いなく異端児扱いを受けるであろう。

最近になって、県が鉄道を作る気になっているらしいが、沖縄特有の問題で、国がそれに反対している。

沖縄県民にとっての鉄道[編集]

当然ながら沖縄県民は鉄道のことを知らないため、沖縄で電車と言えば電車でGOで動かす乗り物だとかプラレールに沿って動く自動車だとか鉄道オタクが聞いたら泣きそうな認知度の低さを誇る。というか沖縄で線路を見ようと思ったら後述するモノレールを除けば廃駅や廃路線だけであり、廃路線は子供たちの遊び場になってたりする。本土でそんなことやってたら間違いなく自殺志願者と勘違いされるであろうが注意するものは誰もいない。

沖縄県内で唯一線路に出会えるのは自動車免許講習の時であり、そのときには沖縄ではまず見られないものに戸惑うこととなる。実際沖縄で自動車を運転する時には鉄道や踏切に出会わないため鉄道に関する知識は忘却の境地に追いやられるに違いない。そのため沖縄県民が本土の大学や企業に行く際にはまず切符の買い方や時刻表の見方などを本土在住経験者に聞くのが習わしとなっている。

モノレール[編集]

現在では沖縄の観光地や市街地を回るためのゆいレールという名称のモノレールが通っており、一応沖縄県にも鉄道駅の存在が確認されるようになった。しかし、沖縄県民は今までバス飛行機を使って移動するのが習慣となっており、時速300kmを超えるモノレールもただのオーバーテクノロジーである。そのため当初期待されていた渋滞解消やパークアンドライドの習慣つくりにはあまり寄与できていない。というか那覇市の中にしか通っていないため沖縄県民の中にすら浸透していない疑惑すらある。

関連項目[編集]