沖縄病

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「沖縄病」の項目を執筆しています。

沖縄病は沖縄諸島で特に見られる病気。致死率が高く、その危険性はペストに並ぶとも言われている。感染経路が多岐にわたり、予防・治療ともに困難である。

沖縄独立を目指す琉球帝国革命軍が、開発したバイオ兵器という噂が絶えない。アメリカ・日本の両国による鎮圧軍の沖縄病による死者は、2006年1月の時点で1000人を超え、現在もその数は増える一方であり、早い治療法の解明が求められている。

逆に、独立を願う革命軍は、沖縄病を日本政府が沖縄弾圧のために利用しているのであって、沖縄病という病気は実際に存在しないと声明を発表している。

症状[編集]

多くの場合、まずは観光客としての沖縄への来訪の後に、潜伏期間を経て発病する。感染後、2~3日で、全身のだるさ、時間感覚の麻痺、帰宅拒否、仕事拒否という症状が見られる。[沖縄ってさ・・とてもいいよねーーー、]と視線が空中を漂う。周りの人に、”沖縄ってさー”と何回も言って嫌われる事も多い。

代表的な初期症状は時間や物事への執着心の低下、アルコール(主にオリオンビールとされる)への依存度上昇が顕著である。 稀にサーターアンダーギーちんすこうといった物に対しても、異常な執着心を見せる場合も有る。

沖縄以外の人では沖縄の地にかなり強い憧れを持つといった症状が起きることもある。そして肌が次第に黒くなり、全身を毛に覆われ、最終的に約1~100年後に死に至る。

感染経路[編集]

主な感染経路としては

  • 沖縄の食物(サーターアンダーギーチャンプルー辺りが最も多いらしい。泡盛という指摘もある)
  • 沖縄の音楽(感染の直接の原因でなく、沖縄病を悪化させるのではないかという疑いがある)
  • 沖縄を特集した本や雑誌

尚、DARPA(ダーパ/アメリカ国防総省 国防高等研究計画局)の研究によると琉神マブヤーの視聴により、発症する症例が報告されている。 但し、琉神マブヤーによる発症は本土に帰化したウチナンチュのみである。

予防[編集]

沖縄病を予防するための法律が2006年1月施行された。政府による沖縄病対策は、以下のとおりである。

  • 沖縄旅行の制限
  • 沖縄を連想させるありとあらゆる作品の発表の禁止
  • 沖縄旅行経験者の一時的な隔離
  • 国内での琉神マブヤーの放送、及び、視聴禁止(研究目的を除く)

しかし、これらの対策は沖縄病感染者の拡大を防ぐことはできず、新たな対策が求められている。

沖縄病の特効薬は存在しない。感染者の約八割の人間が死に至る恐ろしい病気なのである。しかし、沖縄病にかかろうとする人間は後を絶たない。これは、沖縄病に感染し、それを生き延びた者は、たとえ沖縄で生まれ育った人間でなくともウチナンチュとして、沖縄での居住許可が出るためである。

関連記事[編集]