池田恒興

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「池田恒興」の項目を執筆しています。

池田恒興(いけだつねおき)とは、織田信長の重臣→豊臣秀吉のパシリの1人へと華麗な転身を遂げた戦国大名。唯一の見せ場が死に際という残念すぎる人。常に誰かの保護を必要とした。

地味すぎる前半生[編集]

「見事だな。だが信長のおかげだということを忘れるな」
池田恒興 について、ランバ・ラル
「僕が一番上手く恒興を使えるんだ!」
池田恒興 について、織田信長
「一応俺の直下の部下なんだけど...」
池田恒興 について、織田信忠

信長の父の織田信秀の時代から織田家に仕え、最初信長の小姓(身の回りの世話をするだけの人)として生活。桶狭間の戦いとか姉川の戦いで信長と一緒にいたら犬山城主になれちゃった。
その後も信長におんぶに抱っこしてたらいつの間にか大大名になって、伊勢守を自称。領地も広くなった。そして、信長の重臣とまで言われるようになった。でも信長のおかげ。

微妙に活躍した後半生[編集]

「清洲会議は豊臣秀吉柴田勝家丹羽長秀などが参加して行われた。」
池田恒興 について、歴史本
「池田恒興・・・戦国大名の1人。小牧・長久手の戦いで戦死」
池田恒興 について、歴史本

恒興の保護者であった信長が本能寺の変で殺されると、恒興は次の保護者を探した。一応重臣だなんだと言われているが、根が誰かの保護を必要とするため、自分より格下の秀吉のパシリになった。山崎の戦いでは、「天王山取ってこい!」とまるで「焼きそばパン買ってこい!」のように言われ、大急ぎで取りに行った。でも実際には天王山はそこまで戦況に影響しなかったらしい。
その後の清洲会議にも出席した。豊臣秀吉、丹羽長秀、柴田勝家とそうそうたるメンバーの中に何故か紛れ込んだ池田恒興。みんな「なんでこいつが?」と思っただろうが、滝川一益が北条氏との対決で手が離せなかったことによる、単なる数合わせ
賤ヶ岳の戦いには参加しなかったが、そのおかげで日本有数の大大名になった。
小牧・長久手の戦いには、無論秀吉のパシリとして参加。もうこのころには秀吉の部下として自他共に認められるようになった。戦線の膠着を嫌った秀吉が森長可と共に三河に攻めさせると、それを予知していた徳川家康にまんまと捕まって戦死。

その後[編集]

恒興は信長の重臣だった。しかし、恒興を殺した兵には5000石しか与えられなかった。

関連項目[編集]

  • 池田輝政・・・後継ぎ。こいつは家康のパシリになった。